名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
運営委員会
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

キリシタン史跡の旅 
at 2016-11-10 14:02
炊き出し活動がテレビで取り上..
at 2016-11-01 09:29
♪新潟県知事候補・米山隆一さ..
at 2016-10-11 15:26
アートな美*あいちトリエンナーレ
at 2016-10-08 16:59
秋のバザー 終了しました。
at 2016-10-08 13:29

以前の記事

2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

お気に入りブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

キリシタン史跡の旅 

11月22日(火)
カトリック名古屋教区司祭の太田実さんといっしょに
キリシタン史跡を巡る旅を企画しました。
主に一宮、美濃加茂のあたりを巡ります。
参加費は6800円(昼食付)

主催 : ファンドレイジング委員会

[PR]
# by nagoyaywca | 2016-11-10 14:02 | 名古屋YWCA

炊き出し活動がテレビで取り上げられました。

a0208709_09264578.jpg
1960年代中頃から総幹事を務められた
栗原佐代子さん(御年100歳)たちが始めた
名古屋のホームレス支援「炊き出し」が
東海テレビ「みんなのニュースone」で取り上げられ
10月11日に放送されました。
名古屋YWCAの名前は出ませんでしたが
今もたくさんの会員が関わっています。
a0208709_09274873.jpg






[PR]
# by nagoyaywca | 2016-11-01 09:29 | 名古屋YWCA

♪新潟県知事候補・米山隆一さんを応援します♪

 名古屋YWCAは「理想像(ミッション)2020」で、
「核」を否定し、脱原発の運動にとりくむ を社会の課題の①としています。
 10月16日投開票の新潟知事選挙は、「福島原発事故の検証なしに再稼動の議論はできない」という泉田知事の路線を継承し「脱原発」を掲げる米山候補と、自民・公明の推薦を受けた森候補が有力2候補として選挙期間に入っています。日本各地で原発が再稼動する中、泉田知事の東京電力に対する姿勢は強く、7号機まである柏崎刈羽原発は現在再稼動していません。国とのパイプを強調する森候補が知事になると、再稼動への道が開かれることになるかと思われます。
 ぜひ米山候補への応援メッセージを選挙事務所へFAXかメールにてお届けください。
FAX:025-241-1688
Email: info@ngt-newleader.com
メッセージを送られるお名前に「名古屋YWCA会員」と添えていただくと、名古屋YWCAの活動とも繋がるかと思います。(米山候補応援の「新潟に新しいリーダーを誕生させる会」は、新潟YWCAの横山由美子さんが代表をされています。)
 多くの皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

a0208709_1523578.png


名古屋YWCA 運営委員会
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-10-11 15:26 | 運営委員会

アートな美*あいちトリエンナーレ

現在、三回目になる「あいちトリエンナーレ2016」が開催中です。
今回のテーマは「虹のキャラバンサライ 創造する人間の旅」で
愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、栄会場、名古屋駅会場
さらには岡崎、豊橋で作品が展示されています。

アートな美では3年に一度のトリエンナーレを毎回、
視覚に障害のある方とともに鑑賞を続けています。
今回は昨年に引き続き、あいちトリエンナーレ実行委員会が主催する
視覚に障害のある方への鑑賞会にガイドとして協力しました。

鑑賞会は9月29日(木)13時半からと10月1日(土)10時半からの
愛知県美術館で二回開催されました。
a0208709_16552090.jpg

愛知県美術館学芸員とどの作品をどのように鑑賞するか下見と打ち合わせをして、
鑑賞会の日を迎えました。

味岡伸太郎氏の「峠へ」という作品は、愛知・長野・岐阜・三重の各県から
採取した土を綿布に土地別に塗って、広い展示室の四面の壁をすべて使って展示されています。
当日は作家味岡氏から直に説明を聞くことができ、作品に特別に触れて、
より深い鑑賞ができました。
a0208709_16561547.jpg
a0208709_16563934.jpg


ヴァルサン・クールマ・コッレリ インド生まれの作家は今回愛知県に二か月滞在して、
瀬戸と愛知県美術館で豊田の竹、恵那の土、瀬戸の粘土を用いて作品を作りました。
竹で組んだ簡易な家のような作品の内部にはこれも作品の陶のオブジェと
アフリカの壺型の打楽器が置かれ、掌でたたくと柔らかな音が出て、
その音色を楽しむことができました。
a0208709_16571824.jpg


フィリピンの作家 カワヤン・デ・ギアの作品はセルロイドのフィルムを使っています。


フィリピンのバギオでは大量に破棄されたフィルムを使って貧困層が「角笛」を作って、
クリスマスに売り、それで生計を立てているそうです。
この作品はその「角笛」をいくつも使って大きな馬を形作っています。
a0208709_16575659.jpg


クリス・ワトソンの作品は 「旅」をテーマとする今回のトリエンナーレにふさわしいイングランド北部から東へと
自然界の音を集めて旅したものです。
スコットランドのハイイロアザラシの声やモンゴルの雨音と雷鳴、
到着点の愛知県鳳来寺山のカラス、セミの声に鑑賞者はただ耳を傾けて聞き入りました。

参加者の嗅覚、触覚、聴覚を使って全身で鑑賞する姿がとても印象的でした。
a0208709_16582742.jpg


*美術館の許可を得て撮影しています。

名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-10-08 16:59 | グループ活動

秋のバザー 終了しました。

2016年の秋のバザー 終了しました。
今年もたくさんの方に来ていただき、ありがとうございました。
お楽しみいただけましたでしょうか。

毎日新聞に記事が載りました。
a0208709_13212918.jpg



名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-10-08 13:29 | 秋のバザー

恒例 秋のバザー

a0208709_22531282.jpg

今年も
10月7日(金)10時〜3時
秋のバザーを開催します。

今年は
ステージパフォーマンスを企画しました。
10:15からは「クジララのおうちうた」
ちびっこにも大人にも大人気のクジララが登場します。
今回、クジララは熊本地震被災者支援のチャリティーで出演。
みなさまからの投げ銭(本当に投げなくてもいいですけどね)を
寄付してくださいます。

みなさま、お誘い合わせのうえ、ご来場ください。
お待ちしております。


名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-09-16 22:57 | 名古屋YWCA

ルノワールの時代展鑑賞会*アートな美

名古屋ボストン美術館で開催されている
『ルノワールの時代~近代ヨーロッパの光と影』展に、
視覚に障がいのある方9名と、アートな美のメンバー9名、他に付添1名、
見学者2名の総勢21名で、行ってきました。

まず始めに、レクチャールームにて、美術館学芸員の井口さんより、
展覧会のテーマや見どころをお話していただきました。
ポイントを押さえた解説で、この後の鑑賞の際にたいへん参考になりました。
a0208709_10194595.jpg

解説の後は、絵の構図がわかる立体コピーや、ルノワールやモネのタッチを触って
比較できるように模写した絵などを触ってみました。a0208709_10201825.jpg

『ブージヴァルのダンス』に描かれているダンスをしている男女のポーズを取らせた
木製人形の模型や、女性がかぶっている当時流行した帽子のレプリカなども用意されていました。触ってポーズを確かめたり、帽子をかぶって絵の描かれた時代に思いを馳せることもできます。a0208709_1021379.jpg

その後は、展示室へ移り、ペアごとに鑑賞しました。
展覧会の目玉のルノワール『ブージヴァルのダンス』はやはり見逃せません。
a0208709_10233633.jpg(美術館提供)

他にも、素朴な田舎の暮らしを描いたミレー、競馬を楽しむ人々を描いたドガ、
霧とスモッグに煙るロンドンを描いたモネ、都市の日常を風刺画にしたドーミエなど、
その時代に生きた画家たちがとらえた都市や農村の絵が展示されていて、
多様な作品を味わうことができます。
a0208709_1025933.jpg(美術館提供)

a0208709_10252485.jpg(美術館提供)

私たちのために解説をしてくださり、様々な触れる資料を用意してくださった
学芸員さんのお蔭で、とても楽しい、充実した時間を過ごすことができました。
猛暑の一日、涼しい美術館で、ルノワールの時代の雰囲気に浸るのも悪くないですね。

【展示室内の写真は、すべて美術館が提供してくださった当日の写真です。
通常は展示室内での撮影は禁止されていますので、ご注意ください。】
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-07-11 10:26 | グループ活動