名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

恒例 秋のバザー
at 2016-09-16 22:57
ルノワールの時代展鑑賞会*ア..
at 2016-07-11 10:26
『不思議なクニの憲法』DVD..
at 2016-07-08 12:21
今月の聖句*POP&ARTぐ..
at 2016-06-09 10:36
寄付のお礼
at 2016-06-03 18:21

以前の記事

2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

お気に入りブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

恒例 秋のバザー

a0208709_22531282.jpg

今年も
10月7日(金)10時〜3時
秋のバザーを開催します。

今年は
ステージパフォーマンスを企画しました。
10:15からは「クジララのおうちうた」
ちびっこにも大人にも大人気のクジララが登場します。
今回、クジララは熊本地震被災者支援のチャリティーで出演。
みなさまからの投げ銭(本当に投げなくてもいいですけどね)を
寄付してくださいます。

みなさま、お誘い合わせのうえ、ご来場ください。
お待ちしております。


名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-09-16 22:57 | 名古屋YWCA

ルノワールの時代展鑑賞会*アートな美

名古屋ボストン美術館で開催されている
『ルノワールの時代~近代ヨーロッパの光と影』展に、
視覚に障がいのある方9名と、アートな美のメンバー9名、他に付添1名、
見学者2名の総勢21名で、行ってきました。

まず始めに、レクチャールームにて、美術館学芸員の井口さんより、
展覧会のテーマや見どころをお話していただきました。
ポイントを押さえた解説で、この後の鑑賞の際にたいへん参考になりました。
a0208709_10194595.jpg

解説の後は、絵の構図がわかる立体コピーや、ルノワールやモネのタッチを触って
比較できるように模写した絵などを触ってみました。a0208709_10201825.jpg

『ブージヴァルのダンス』に描かれているダンスをしている男女のポーズを取らせた
木製人形の模型や、女性がかぶっている当時流行した帽子のレプリカなども用意されていました。触ってポーズを確かめたり、帽子をかぶって絵の描かれた時代に思いを馳せることもできます。a0208709_1021379.jpg

その後は、展示室へ移り、ペアごとに鑑賞しました。
展覧会の目玉のルノワール『ブージヴァルのダンス』はやはり見逃せません。
a0208709_10233633.jpg(美術館提供)

他にも、素朴な田舎の暮らしを描いたミレー、競馬を楽しむ人々を描いたドガ、
霧とスモッグに煙るロンドンを描いたモネ、都市の日常を風刺画にしたドーミエなど、
その時代に生きた画家たちがとらえた都市や農村の絵が展示されていて、
多様な作品を味わうことができます。
a0208709_1025933.jpg(美術館提供)

a0208709_10252485.jpg(美術館提供)

私たちのために解説をしてくださり、様々な触れる資料を用意してくださった
学芸員さんのお蔭で、とても楽しい、充実した時間を過ごすことができました。
猛暑の一日、涼しい美術館で、ルノワールの時代の雰囲気に浸るのも悪くないですね。

【展示室内の写真は、すべて美術館が提供してくださった当日の写真です。
通常は展示室内での撮影は禁止されていますので、ご注意ください。】
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-07-11 10:26 | グループ活動

『不思議なクニの憲法』DVD上映会

2016年参院選を前に、7月3日 、『不思議なクニの憲法』のDVD上映会を行った。
日曜日の午後、何がおかしいの、どこがヘン、どうしてこうなったの 
という曖昧さを確かめようと、たくさんの人たちが来場された。
映画は多方面から、そして様々な立場の人の声から憲法を省みることができた。
a0208709_1220529.jpg

小学生にはちょっと難しかったようだけど、
日曜日だから見に来られた、
こんな話、会社じゃできない、ここで話せて良かった、
職場ではこんなに権利が侵害されていて辛い… 

熊本のお茶農家の冷茶と紫陽花に彩られた手作り水ようかんで心を満たしながら、
日頃の思いを言葉にし合った。
憲法はわたしたちの生活の根源を支えている。
社会システムの変化に合わせて変化すべきは法律の方。
憲法違反じゃんと思う古くっさい民法や刑法を残して
女性たちを苦しめているのをそのままにしておきながら、
変えなくてもよい憲法に手をつけようなんて言語道断。
改憲させないために選挙に行って意思表明しよう!!



名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-07-08 12:21 | 女性部会

今月の聖句*POP&ARTぐるーぷ

a0208709_10345169.jpg

a0208709_10352411.jpg



名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-06-09 10:36 | グループ活動

寄付のお礼

熊本地震被災者支援募金へのご協力ありがとうございました。
5月31日現在 637,735円の寄付があつまりました。
日本YWCAを通して、熊本地震の被災者支援に使わせていただきます。


- - - - - - -

名古屋YWCA寄付キャンペーン4・5月は「ガリ勉クラブ・バンビーナ」でした。
この期間中に31人の方から合計131,910円ものご寄付をガリ勉クラブに頂戴しました。
この場をお借りしてご報告するとともに、お礼申し上げます。ありがとうございました!
皆様からのご厚志はガリ勉クラブの子どもたち(外国につながる子どもたち)の
日本語指導・学習指導のために大切に使わせていただきます。



名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-06-03 18:21 | 名古屋YWCA

沖縄スタディツアー開催にご協力をお願いいたします

青少年部会では、沖縄のさまざまな問題について、
若者たちと共に考え、行動していくにあたって、
大切にしているのは現場を見ることや事実を知ることととらえています。
a0208709_145371.jpg

2016年度も若者たちのリーダーシップを育て、共に平和を創っていくために、
ユースによる「沖縄スタディツアー」予定しています。
a0208709_1453030.jpg

参加予定のメンバーが想いを寄せてくれました。

こんにちは。 みなさんは沖縄について、どんなイメージを持ち、どんなことを知っていますか?
ぼくは今回、沖縄スタディツアーに行くことになり、様々な思いが浮かびました。
初めて沖縄を訪れたのは、高校3年生の修学旅行でした。

「修学旅行」というだけあり、1日目は沖縄に残る戦争の歴史について学びました。
平和祈念公園やひめゆりの塔、
「ガマ」と呼ばれる自然にできた鍾乳洞で戦時中は防空壕として利用されていた場所にも行き、
実際に戦争を体験された方の貴重なお話も聞くことができました。
団体行動が苦手なこともあり、沖縄の魅力やイメージもあまり沸かないまま訪れた
初めての沖縄は、1日目にして「戦争の"爪痕"が生々しく残る怖い場所」という印象を受けました。

一緒に行った同級生たちが、どこへ行ってもなにを聞いてもピンと来ていない中、
在日朝鮮人として生まれ育ったぼくにはとても敏感に、強烈に、「戦争の恐怖」を感じていました。
2日目からは、海で遊んだり、国際通りでお買い物をしたりと楽しみ、
頭のどこかにあった「自然がきれいで人気の観光地、沖縄」がそのまま目の前にありました。
それから沖縄への関心も持たず過ごす中で、ぼくは在日朝鮮人として生きるため
在日朝鮮人運動に励む日々を送りました。

活動をする中で生まれた信念は
「在日朝鮮人として堂々と生きる、それだけに限らずあらゆる差別や抑圧に抵抗し、
すべての人が生きやすい社会にしていこう」というものでした
(言葉にすると陳腐だし、理想論な感じもしますね・・・)。

そして3年前、沖縄の基地問題について関心を持ち、再び沖縄を訪れました。
映画「標的の村」を観て高江に行くと、映画のような激しい現場はもうなく、
数人の現地の方々に迎えられました。
米軍基地への入り口には白線が引いてあり、
「あっちはもうアメリカ、こっちはうちら、越えてはいけない境界線」という言葉が印象的でした。白線を見つめ、ただ呆然と立ち尽くすことしかできなかったぼくらに、
「来てくれてありがとう」と言われました。
「標的の村」を観て、自分の無力さ、無知さに溢れた涙がまた溢れそうに胸が苦しくなりました。
「戦後0年」と言われる沖縄で暮らす人々、見せかけの「平和」の中で暮らす本土の人々、
自分にいったいなにができるのだろう、と何度も考えていたとき、
今回の沖縄スタディツアーへお誘いをいただきました。

ぼくたちにできること、それは関心を持ち続けること、
時には現地を訪れ、実際に目で見て感じ、考えること、
そしてそれを周囲に伝えることが、ぼくたちにできる闘いだと思います。

今回のスタディツアーでも、沖縄の現状を目に焼き付け、学び、
みなさんにもご報告したいと思います。
ご支援、応援を、ぜひともよろしくお願いします。


2016年度は9/17(土)~9/19(月祝)の3日間を予定しています。
このスタディツアーを成功させるために、皆さんからのご寄付をお願いいたします。
目標額:20万円

ご支援いただける方は、以下の方法でお願いいたします。

○郵便振替
郵便局備え付けの払込用紙をご利用ください。(振り込み手数料は寄付者負担でお願いします)
口座番号:00820-0-47814
加入者名:公益財団法人名古屋YWCA
※通信欄に「青少年部会 沖縄スタディツアーへ寄付」と寄付先をご記入ください。
機関紙などにお名前を公表します。匿名を希望される方は「匿名」とお書き添えください。

○クレジットカード決済
 名古屋YWCAのホームページから寄付のページにおすすみいただくか
 直接クレジットカード決済のページから手続きをお願いします。
 *金額の用途「その他」を選び、「沖縄スタディツアー」と書いてください。

○ご支援いただいた方には「沖縄スタディツアー2016 報告書」を差し上げます。

皆さんのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。



名古屋YWCA

[PR]
# by nagoyaywca | 2016-05-31 14:08 | 青少年部会

アートな美 「守一さんの故郷を訪ねて」バスツアー

5月26日(木)
視覚に障害のある方10名とアートな美12名、サポートメンバー1名の総勢23名は
当日の天気予報の傘マークを気にしながら地下鉄東山線の本郷駅前に集合しました。
今回は中津川市付知町に昨年開館したばかりの「熊谷守一つけち記念館」を訪ね、
そのあとは恵那市にある「横井照子ひなげし美術館」を巡る旅です。

「熊谷守一つけち記念館」は付知川を見下ろす場所にありました。
油彩画100点、日本画約20点、遺品類130点を所蔵する国内の最大級を誇る美術館です。


a0208709_940553.jpg

熊谷守一生誕の地ということもあり、学芸員の説明には守一さんへの同郷の思慕が感じられ、
「守一」ではなく「守一さん」と終始呼んでいました。
a0208709_9412236.jpg

付知町で描いた初期の作品から、中期の多様な手法を試したような作品など
今まで見たことがない作品も多く展示されていました。
a0208709_9415866.jpg

特別展示「遺品」は守一さん手製の道具類、ルーペ、
絵の道具を入れて持ち歩く素晴らしく手の込んだ袋、
木製の枕(それも物入れになっていました)などが展示されていました。
何でも作ってしまう守一さんに驚きました。
又、愛用の着物や茶わん、皿など、
そして音楽に興味を持ち続けた守一さんの一面を知ることができる
バイオリンもありました。
a0208709_9425598.jpg

館内二階から付知川と山の緑も鑑賞できて、守一さんの故郷を実感できます。
a0208709_9431791.jpg

a0208709_9433427.jpg


次の「横井照子ひなげし美術館」は百年近い風雪に耐えた板倉を
移築、改修して美術館にしたものです。
小さな空間におもにエッグテンペラで描いた色の鮮やかな作品が展示されています。
a0208709_944468.jpg

画家お気に入りの真っ赤なひなげしが美術館の庭に咲いていて、作品にも描かれていました。
a0208709_9442585.jpg


心配していた雨も降らず、無事に名古屋本郷に帰ってきました。


名古屋YWCA
[PR]
# by nagoyaywca | 2016-05-31 09:45 | グループ活動