人気ブログランキング |


名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
運営委員会
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

ブログを引っ越しました
at 2019-04-09 12:05
♪音声訳グループ12月恒例の..
at 2017-12-15 10:14
*愛知県陶磁美術館に行ってき..
at 2017-12-12 15:50
名古屋YWCAアートな美
at 2017-11-17 10:37
○○カフェを始めました
at 2017-10-17 14:56

以前の記事

2019年 04月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

フォロー中のブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

アーサー・ビナード講演会「沖縄の向こうに見えるニッポン」

「沖縄の向こうに見えるニッポン」

名古屋中央教会の礼拝堂を会場に、アーサー・ビナードさんを通して語られる言葉の数々。
「今日、この礼拝堂で語る言葉は牧師の語る言葉とは違い信じる対象ではない。
本当かなと疑りながら聞いてほしい。」と始まりました。
a0208709_10122691.jpg


:::::講演要旨::::::
沖縄からいろんなことを教えられ、示唆を受ける。
母国(アメリカ)の歴史、母国と日本の関係、
国家の形を捉えようとする時に、見抜くためのレンズが沖縄となる。

先月、沖縄のやんばる・高江を訪れた。
ここにしかない、貴重な生態系があるやんばるの森。
この森で米軍・海兵隊はジャングル実戦訓練を行っている。
オスプレイのヘリパットを作ろうとしているが、
湿度の保たれた森でオスプレイの発着ができる空間を作ると、
生態系が崩れ、森がしだいに砂漠化していくと言われている。

砂漠化したらジャングル実戦訓練にはならない!
そもそもオスプレイ用ヘリパットのある実戦場があるわけが無い!

気づいている米軍関係者もいるが、決まったことだし、
しかも日本政府が全額支払うヘリパットだから反対しない。

現在2つのヘリパットが運用されているが、
それは元からあったヘリパットをオスプレイ用に広げた物。
森を切り開いて作る新しいヘリパットはまだ作られていない。
それは、その工事をさせないよう、工事用の道を作らせないよう、
住民や仲間が座り込みを続けているから。
やんばるの森は貴重な森なのに、米軍があるから世界遺産にできない。

辺野古・大浦湾の海も貴重で豊かな生態系がある。

反戦・反米ということではなく、
やんばるの森・大浦湾の海に基地を作らせないことが
沖縄にとって継続する経済がより大きい。
未来のために、気づいているから守ろうとしている。

大浦湾にある干潟に新しい道路を作るため、3本の橋げたを立てた。
そのために潮の流れが変わり、生態系が変わった。
大きな基地ができたら、今ある豊かな生態系は残らない。

新しい基地を作らなくてはいけない理由を誰も説明できない。
普天間基地の代替施設というが、どう見ても新しく整備の整った、
機能の強化された新基地が、辺野古に日本の税金によって作られる。

どうやって基地のために海を埋め立てるかといえば、
瀬戸内海・奄美大島・山口・門司・五島列島から土砂を運ぼうとしている。
美しい景色を崩し、生態系を崩し、沖縄へ運び、生態系を崩して海を埋める。
沖縄はそれをさせないよう、いろんなことで動き続けている。
辺野古を埋め立てるために必要な作業、土砂を運び出すことを、
それぞれの場で止めることが私たちにはできる。

十字架で死んだイエス・キリストは、空気を読まず、権力者の言うことも気にせず、
自分で見つけた真実を曲げなかった。
常に抵抗して、間違ったことにNOと言った。
イエスが行ったことは宗教運動ではなく、市民運動だった。
徹底して非暴力で、たとえ自分が傷つけられても相手を傷つけ返すことはせず、
暴力の連鎖を自分でとめ、断ち切った。

現在も利益だけを考えて命を度外視する側に対して、
非暴力と真理で対応するのが時代の流れだ。


:::::以上、講演要旨:::::

この後、質疑応答があり、そこでも講演内容が深められていきました。

質疑「今日聞いたことは本当のことなのか。万里の長城を築くほどの大工事ではないか。
新聞を読んでいるけれど、このような内容は書かれていない」

応答「防衛局のHPに少し前まで出ていた。
新聞やNHKで報じていないから本当ではないのでは、と疑う考え方を
そろそろ変えないといけないかも。
逆に大手マスコミが報じていないから真実、という見方もできる。
今日から情報の見方が変わる。」

質疑「辺野古のキャンプシュワブに米兵の宿舎新築が決まっているというのは本当か」

応答「沖縄の負担軽減が建前だから、建前が崩れぬように隠している。
新基地の滑走路はV字型と説明されてる。
普天間の滑走路が1本なのに、2本になったら負担軽減ではないから。
V字型というネーミングで誤魔化され、言い方で現実を加工している。」

質問「現在のような日米関係がこれからも続くのか」

応答「従属的な日本の形を感じないように、考えないように社会が作られている。
沖縄の人たちは実質的な日本を見ている。
それは70年間、日米地位協定の中で生きているから。
今の日本の危機的状況を、沖縄が押しとどめようとしている。
基本的人権、主権在民の日本国憲法のある日本にいる意義を感じているから。

日本国憲法がなくなったら、日本は自滅する。
情報の格差はアメリカでも日本でもある。
両国とも住民は蚊帳の外。
今、自分の決定権を取り戻せるか、どうするか。
歴史から沖縄は学んで、今行動している。
アメリカで、日本で、歴史から学べるかどうか。

暴力に依存しないで、
生活の力で、非暴力で、憲法の力で戦う。
暴力で挑んだら相手はいくらでも暴力で解決しようとする。
けれど非暴力の抵抗に対して軍隊は弱い。」


質疑応答を含め、3時間強の講演でしたが、
アーサーさんの言葉は途切れなく語られました。
聴いた言葉から、さあ自分はどう行動する?という力を与えられたように思います。


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-07-14 10:13