名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
運営委員会
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

♪音声訳グループ12月恒例の..
at 2017-12-15 10:14
*愛知県陶磁美術館に行ってき..
at 2017-12-12 15:50
名古屋YWCAアートな美
at 2017-11-17 10:37
○○カフェを始めました
at 2017-10-17 14:56
秋のバザーでのヒバクシャ国際署名
at 2017-10-17 14:26

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

フォロー中のブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:青少年部会( 20 )

「実はオモシロい選挙―Okinawa style―」を開催しました!

8月9日に「実はおもしろい選挙―Okinawa Style―」と題して学習会を開催しました。
私たちはこれまで、沖縄の基地問題や沖縄戦の歴史に関心を持ち、「沖縄スタディツアー」を開催してきました。
(昨年度のツアーの様子などは、こちらのページから見られます。https://www.facebook.com/youth.okinawa.peace?fref=ts

座間宮さんチラシ

(座間宮さんのプロフィールはこちら。http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

当日は20名ほどの参加があり、中学生・高校生も足を運んでくれました。
選挙権年齢が
18歳に引き下げられたことで、関心を持ち始めたそうです。
座間宮さんは「選挙に行くのも行かないのも自由。誰に入れてもその人にとっては正解。」
「ドイツでは中学生でも選挙について語り合っている」など、対話によって自分の意見を形成し、
投票を決めることが重要だと話していました。

20170809_170810_0004

話は沖縄へ。座間宮さんは、沖縄県知事選の得票数などのデータを示しながら、
米軍基地反対を訴える「オール沖縄」という組織の支援により、
2014年に基地反対派の翁長知事が当選したことを説明されました。
この「オール沖縄」をはじめ、これまで沖縄県知事選では、
米軍基地に反対する人たちを結集させ、一人の候補者に絞る、ということが行われてきました。

これまで私は、基地反対の人たちをひとつにまとめて、容認派に対抗できるなんて沖縄の選挙はすごい、と思っていました。
「本土」で野党がひとつにまとまっていかないことに、なんでこんなにうまくいかないんだろうと空しく感じていたからです。
しかし座間宮さんによれば、沖縄では基地反対
VS経済振興という争点で長く選挙が行われてきたために、
それ以外の争点を掲げた選挙ができていないという問題もあります。
例えば、基地反対も大事だけれど、女性の権利の向上も訴えたいという候補者がいても、
基地反対派の候補を一人に絞るために、選挙に出ないことを求められる場合も考えられます。


ずっと同じ争点で選挙が行われてきても、沖縄の基地問題は解決していません。
座間宮さんは「反対派に投票したけど結局何も変わらない」と考え、
投票しなくなる人もいるのではないかと指摘しました。
そのように沖縄の人に「あきらめ」を抱かせてしまっている原因のひとつは、
「本土」の側の無関心にあるのではないかと思いました。
座間宮さんのお話を聞き、沖縄の現状に対して私たちは何ができるか、改めて考えるきっかけになりました。

今年度の沖縄スタディツアーは2018330日~41日に開催します。
ツアーの内容はこれから自分たちで話し合い、決めていきます。
今後もご支援のほど、よろしくお願いします。
ツアーに興味を持ったユースは、ぜひ一緒に行きましょう。まずはご連絡ください。

連絡先:名古屋YWCA青少年部会沖縄平和プロジェクト 

yyy@nagoya-ywca.or.jp(担当:吉澤)

文責:青少年部会 柘植みのり




by nagoyaywca | 2017-09-12 16:56 | 青少年部会

沖縄スタディツアー開催にご協力をお願いいたします

青少年部会では、沖縄のさまざまな問題について、
若者たちと共に考え、行動していくにあたって、
大切にしているのは現場を見ることや事実を知ることととらえています。
a0208709_145371.jpg

2016年度も若者たちのリーダーシップを育て、共に平和を創っていくために、
ユースによる「沖縄スタディツアー」予定しています。
a0208709_1453030.jpg

参加予定のメンバーが想いを寄せてくれました。

こんにちは。 みなさんは沖縄について、どんなイメージを持ち、どんなことを知っていますか?
ぼくは今回、沖縄スタディツアーに行くことになり、様々な思いが浮かびました。
初めて沖縄を訪れたのは、高校3年生の修学旅行でした。

「修学旅行」というだけあり、1日目は沖縄に残る戦争の歴史について学びました。
平和祈念公園やひめゆりの塔、
「ガマ」と呼ばれる自然にできた鍾乳洞で戦時中は防空壕として利用されていた場所にも行き、
実際に戦争を体験された方の貴重なお話も聞くことができました。
団体行動が苦手なこともあり、沖縄の魅力やイメージもあまり沸かないまま訪れた
初めての沖縄は、1日目にして「戦争の"爪痕"が生々しく残る怖い場所」という印象を受けました。

一緒に行った同級生たちが、どこへ行ってもなにを聞いてもピンと来ていない中、
在日朝鮮人として生まれ育ったぼくにはとても敏感に、強烈に、「戦争の恐怖」を感じていました。
2日目からは、海で遊んだり、国際通りでお買い物をしたりと楽しみ、
頭のどこかにあった「自然がきれいで人気の観光地、沖縄」がそのまま目の前にありました。
それから沖縄への関心も持たず過ごす中で、ぼくは在日朝鮮人として生きるため
在日朝鮮人運動に励む日々を送りました。

活動をする中で生まれた信念は
「在日朝鮮人として堂々と生きる、それだけに限らずあらゆる差別や抑圧に抵抗し、
すべての人が生きやすい社会にしていこう」というものでした
(言葉にすると陳腐だし、理想論な感じもしますね・・・)。

そして3年前、沖縄の基地問題について関心を持ち、再び沖縄を訪れました。
映画「標的の村」を観て高江に行くと、映画のような激しい現場はもうなく、
数人の現地の方々に迎えられました。
米軍基地への入り口には白線が引いてあり、
「あっちはもうアメリカ、こっちはうちら、越えてはいけない境界線」という言葉が印象的でした。白線を見つめ、ただ呆然と立ち尽くすことしかできなかったぼくらに、
「来てくれてありがとう」と言われました。
「標的の村」を観て、自分の無力さ、無知さに溢れた涙がまた溢れそうに胸が苦しくなりました。
「戦後0年」と言われる沖縄で暮らす人々、見せかけの「平和」の中で暮らす本土の人々、
自分にいったいなにができるのだろう、と何度も考えていたとき、
今回の沖縄スタディツアーへお誘いをいただきました。

ぼくたちにできること、それは関心を持ち続けること、
時には現地を訪れ、実際に目で見て感じ、考えること、
そしてそれを周囲に伝えることが、ぼくたちにできる闘いだと思います。

今回のスタディツアーでも、沖縄の現状を目に焼き付け、学び、
みなさんにもご報告したいと思います。
ご支援、応援を、ぜひともよろしくお願いします。


2016年度は9/17(土)~9/19(月祝)の3日間を予定しています。
このスタディツアーを成功させるために、皆さんからのご寄付をお願いいたします。
目標額:20万円

ご支援いただける方は、以下の方法でお願いいたします。

○郵便振替
郵便局備え付けの払込用紙をご利用ください。(振り込み手数料は寄付者負担でお願いします)
口座番号:00820-0-47814
加入者名:公益財団法人名古屋YWCA
※通信欄に「青少年部会 沖縄スタディツアーへ寄付」と寄付先をご記入ください。
機関紙などにお名前を公表します。匿名を希望される方は「匿名」とお書き添えください。

○クレジットカード決済
 名古屋YWCAのホームページから寄付のページにおすすみいただくか
 直接クレジットカード決済のページから手続きをお願いします。
 *金額の用途「その他」を選び、「沖縄スタディツアー」と書いてください。

○ご支援いただいた方には「沖縄スタディツアー2016 報告書」を差し上げます。

皆さんのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。



名古屋YWCA

by nagoyaywca | 2016-05-31 14:08 | 青少年部会

<選挙の前に知っておこう!講座

選挙の前に知っておこう!講座
「テレビ・新聞では消費税増税の問題点」を開催します

★日本の財政は危機的状況ではありません。「財政立て直しのために消費税増税が必要」は誤りです。
★「国債発行残高の増大は将来世代の返済負担を増す」は正しくありません。
★これまでの消費税増税で全体の税収は増えていません。
★消費税増税は輸出の多い大企業を優遇し、規模の小さい下請け企業の収益を圧迫します。
★消費税増税は非正規雇者の増加を促進します。

私たちの生活に密着しているおカネ=経済について学びましょう

この講座では・・・
*豊富なデータ正しい経済学知識と政府公表資料・データに基づいて解説します。グラフや図表を掲載したレジュメをお配りしますので、(メモをとるのに神経をすり減らすことなく)落ち着いて説明を聞いていただけます。
*わかりやすい解説難しい用語はなるべく避けて、やさしい言葉を使います。専門用語を使った方が理解しやすい場合は、その意味を丁寧に説明致しますので、安心してご参加ください。
*ていねいなQ&A質疑応答の時間もたくさんとります。Q&Aコーナーはもちろん、解説の途中でも気軽に質問できます。静かに話を聞いていただくのではなく、活発にやりとりをしながらワイワイ楽しくやりましょう!

日時:6月11日(土)13:30~15:40 Facebookイベント
参加費:成人¥1,000 学生¥500 お抹茶とお菓子付!
会場:名古屋YWCA ビッグスペース
申込み:お電話、メールもしくはFAXで①~④の内容を明記の上、予約してください。(facebookのクリックでは正式な申し込みになりません。)
①お名前(ふりがな) ②電話  ③メールアドレス 
④学生/社会人
a0208709_10543994.jpg





















講師:石川恵悟さん
<プロフィール>
慶応義塾大学経済学部で、理論経済学・経済政策のゼミ(山田太門ゼミ)に所属。卒業論文は「米国の国際収支とドルレート」。卒業後、富士総合研究所(現在みずほ総合研究所)経済調査部でマクロ経済の調査研究職に就く(主に米国経済担当)。現在はどの組織にも属さず、経済を政治、文化、宗教などと関連付けて自由に研究。

主催:公益財団法人名古屋YWCA 青少年部会 担当:松村
YWCAは、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。
〒460-0004 名古屋市中区新栄町2-3
TEL:(052)961-7707(代) FAX:(052)961-7719
E-mail:matsumura@nagoya-ywca.or.jp
http://www.nagoya-ywca.or.jp/
協力:一般社団法人愛知伝統文化推進の会
http://plumcake7.wix.com/dentobunka
   芳春軒
by nagoyaywca | 2016-04-12 10:55 | 青少年部会

沖縄スタディツアー報告会

a0208709_911550.jpg


青少年小委員会で3月に行った沖縄スタディツアーの報告会を行いました!

たくさんの方々のご寄付に支えられて実現したスタディツアーだったため、
支援者の方々も何人も出席してくださいました。
また、社会的な活動に興味のあるユースの参加も目立ちました。

まずは簡単な自己紹介の後、報告書に基づいてユースから沖縄の現状と
学んだことについて報告をしました。
当日参加ができなかったユースも映像で報告をしました。
その後、質疑応答・意見交換の時間を持ちました。
「沖縄のユースと交流してみてどうだった?」といった質問から、
沖縄の現状を真剣に受け止め現状を懸念する声まで、
様々な参加者の方々の声を聞くことができてよかったと思います。
ユースたちにとっても、もう一度スタディツアーを振り返る機会になったようです。

報告会の後には、沖縄料理を食べながら交流をしました。
沖縄の基地や平和についてだけでなく、沖縄独特の食文化の話でも盛り上がりました。
今後にむけてやりたいことも共有し、ユースメンバーをさらに募集して活動を広げたい、
沖縄の外にいるからこそ持てる視点を大切にしたいという思いを伝えました。

これで沖縄スタディツアーは一段落というところですが、今後もユースの活動は続きます。facebookでも情報発信をしていきますので、引き続きよろしくお願いします!
沖縄平和プロジェクト


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-06-16 09:13 | 青少年部会

沖縄スタディツアーに行ってきました!

去る3月29日~31日、
青少年小委員会は、
18歳~23歳のユース達と一緒に
沖縄スタディツアーに行ってきました!
a0208709_11342454.jpg

沖縄はもう初夏の輝き。
3日間ともお天気に恵まれ、
現地の方々と交流することができ、
有意義な3日間でした。

a0208709_11354349.jpg

初日は佐喜真美術館から普天間基地をながめました。
日曜日のせいか、基地はとっても静か。
そして、明日の予習&現地の大学生「チーム琉球」と交流。
a0208709_11362245.jpg

2日目は、なんと!辺野古を海から見るすばらしい体験ができました!
船上から海の底が見える!サンゴが大きい!熱帯魚がたくさん!
午後に訪れた高江でも、自然の恵みがいっぱい。
その思いをバナーにこめました。
a0208709_11374366.jpg



最終日は、嘉手納基地で爆音を体験し、
平和祈念資料館と首里城を駆け足で。
戦争の爪痕を目の当たりにして、
ユースたちの胸にはどんな思いが届いたでしょうか。
a0208709_11364975.jpg

a0208709_1140786.jpg

このスタディツアーの報告を、
4/24 世界YWCA日を覚えて「オキナワに思いを馳せる」で行ないます。
さらに、ユース達の熱い思いを共有する報告会も
5月末に開催予定です。

ぜひ、報告会に参加していただき、
引き続き沖縄について一緒に考えていきましょう。

皆さんの参加をお待ちしています。



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-04-23 11:41 | 青少年部会

若者たちと一緒に沖縄スタディツアーを開催したい!

名古屋YWCAボランティア事業部青少年小委員会では、
平和でみんなの人権が守られる社会をつくるために、
学生や若者たちと共に活動しています。

若者たちと一緒に沖縄スタディツアーを開催したい
〜平和を考えるために〜


皆様ご存じの通り、沖縄には辺野古埋め立てや米軍基地など、
平和に関わる問題が多くあります。
こうした問題の現状を大人が若者や学生に伝えることも重要ではありますが、
何より自分の目で見て考えてもらうということが大事なのではないかと思っています。
そこで、沖縄の平和問題に関心のある学生を対象に、
2015年3月29~31日に沖縄スタディツアーを行う予定です。
スタディツアーでは、辺野古、高江、嘉手納、普天間等に行く予定です。
また、学生たちの希望から、太平洋戦争のときにつくられたガマを見に行ったり、
地元の学生と交流を行って平和について意見交換をしたりします。
a0208709_14233354.jpg

参加するのは沖縄の問題に興味を持った8名の学生・若者です。
テレビ電話等で遠方に住んでいるメンバーもミーティングに参加し、
活動はさらに活発になろうとしています。
彼らは沖縄で「基地を見たい!」「地元の人の話が聞きたい!」といった情熱を持ち、
準備を進めています。学生の1人は次のような意気込みを語ってくれました。

高校の授業で米軍基地の実態について学び、そして自らさまざまなことを調べたことで
もっと沖縄について、米軍基地について知りたい!
なにか問題解決のために私ができることをやりたい!という気持ちが芽生えました。
今回の沖縄スタディツアーでは、少しでも多くのことを知り、
これからの私の行動につなげていければいいなと思っています。(高校3年・女子)

a0208709_1421575.jpg

このスタディツアーを実施するために、これまでも寄付金集めを行ってきましたが、
交通費や講師料等の費用の一部が未だに不足しています。
沖縄スタディツアーを実現させるために、皆様のお力添えをいただけないでしょうか。
趣旨に共感していただけましたら、ぜひご支援をよろしくお願いします!
また、若者たちはスタディツアー後も平和について考えながら様々な活動を
展開していこうとしています。
2015年5月には報告会を行い沖縄で得た学びを発信します。こちらもぜひご参加ください。

寄付方法
①名古屋YWCAに持参
 2階窓口で受け付けています。
(平日)10:00〜20:00
(土曜日)10:00〜17:00

②名古屋YWCAの口座に振り込む。
郵便振替 00820-0-47814
一般財団法人名古屋YWCA
※通信欄に「沖縄スタディツアー」と明記してお振込みください。

③クラウドファンディングサイトReadyforを通してクレジット決済をする。
以下のURLよりアクセスし、寄付額を選択してください。
(2014年12月26日から40日間寄付ができます。) 
https://readyfor.jp/projects/okinawastudytour


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2014-12-24 14:31 | 青少年部会

沖縄の知念さんを囲む会

10月28日(火)19:00より、
名古屋YWCAにて「知念さんを囲む会」を開催しました。
ゲストの知念優幸さんは沖縄キリスト教学院大学の学生で、
チーム「琉球」という学生サークルを組織して
沖縄の基地問題や平和について訴える活動をしていらっしゃいます。
現在は学校を休学して日本全国を回り、沖縄の現状を伝える講演活動をされています。
今回はその全国行脚の一環で名古屋にも来てくださいました。
a0208709_1894320.jpg

お話の中で印象的だったのは、
「米軍基地は沖縄経済に貢献している」というのは全くの嘘だということです。
未だに多くの人が沖縄は基地があるから経済的に潤っていると考えているかもしれませんが、
実際に米軍基地が撤退した地域において200倍以上の経済効果を上げているケースもあるそうです。また、子どもたちの教育にも影響があります。
基地の騒音によって基地近くの小学校の子どもたちが落ち着きをなくし、
学力向上に支障が出ているそうです。
これでは将来的にも進学・就職が危ぶまれ、
沖縄の平均所得が向上する妨げになり得るということでした。
さらに、沖縄の基地に反対する非暴力の運動に関わる人たちに対して
警察や海上保安庁が非人道的な対応をしている事実も写真も交えて教えていただきました。
私たちの命を守るべき人たちがむしろ私たちを危険にさらしているのです。

知念さんは、「平和」という言葉は非常に抽象的なイメージで使われているとおっしゃっていました。
今こそ具体的に「平和」とは何か考えていかなくてはなりません。
この日は、たくさんの学生も参加して、質問も積極的にしてくれました。
この学びを3月下旬に企画しているスタディツアーにつなげていきたいと思います。



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2014-11-15 18:09 | 青少年部会

沖縄平和プロジェクト 始動!

昨年度末から企画を続けてきた
青少年小委員会の「沖縄平和プロジェクト」
a0208709_12125557.jpg

沖縄の現状を知るために、
沖縄スタディツアーを実現しよう!
を目的に、

第1弾
「沖縄の海大好き女子集合!女子会」が
10月5日(日)13:30から開催されました。
台風が近づいて雨模様の中、
参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

この女子会では、
今までの活動報告や、
沖縄の海=辺野古に対する思いなどを
話し合いました。
a0208709_1236446.jpg

そして、おいしい沖縄スイーツ
サーターアンダギーと沖縄ぜんざい、
さんぴん茶をいただきながら、
沖縄の米軍基地問題を風刺している
お笑い劇団のDVDを鑑賞し、
基地に対しての意見交換を行ないました。

今後も
第2弾、第3弾と継続して実施する予定です。

詳しくは、
https://www.facebook.com/youth.okinawa.peace/photos_stream
をご覧ください。



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2014-10-11 12:14 | 青少年部会

沖縄の海大好き女子集合!女子会を開催します

今、沖縄の海が大変なことになっている?!

コバルトブルーの海に白いサンゴ礁の砂浜。
潜ってみるとそこは大自然の宝庫。
日本最大級のサンゴ礁と熱帯魚たちがたわむれるまさに楽園…。
そんな沖縄の海が、米軍基地で埋め立てられようとしています。
沖縄の海の現状と問題について、映像を見ながら語り合いませんか。

a0208709_15551843.jpg


沖縄の海大好き女子集合!
女子会を10月5日(日)13:30~16:00
名古屋YWCAで開催します。
参加費は¥500
沖縄のおいしいスイーツ付き!

ただ今参加者大募集中! です。
詳しくは、ホームページをご覧ください。



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2014-08-27 16:00 | 青少年部会

「ファンドレイジング交流会」を開催しました

五月晴れの5月18日日曜日、青少年小委員会は「ファンドレイジング交流会」を開催しました。

昨年より、名古屋YWCAでも取り組むようになった「ファンドレイジング」。
でも、これってどんなものなの?何かイマイチイメージがつかめない…。
そんな皆さんの素朴なギモンに応えようと、ファンドレイジングの知識を共有し、
どのように活動に活かしていくか考える場として実施しました。

NPO法人ボランタリーネイバーズの中尾さゆりさんと、
青少年小委員会の小川智子さん、新倉春美さんが、
日本ファンドレイジング協会が主催した「ファンドレイジング日本2013」の模様や
実際の活動について報告して下さいました。

a0208709_9155334.jpg


その後、美味しいフルーツみつまめをいただき、和んだ雰囲気の中で、
ファンドレイジングについて参加者ともども質問や課題について話し合いが行われました。

当日の参加者は20名、NPO法人で活躍されている方、
「ファンドレイジング」に興味を持っている社会人や学生の方々が
それぞれの思いを熱く語り合い、名刺交換でつながりあう、
充実した2時間を過ごす事ができました。

a0208709_9163322.jpg


名古屋YWCAでは、今年度も日本ファンドレイザー協会が実施する
「准認定ファンドレイザー必修研修」を開催する予定です。
詳細が決まり次第お知らせいたします。
ホームページをチェック!してください。

名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2014-05-19 09:17 | 青少年部会