人気ブログランキング |


名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
運営委員会
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

ブログを引っ越しました
at 2019-04-09 12:05
♪音声訳グループ12月恒例の..
at 2017-12-15 10:14
*愛知県陶磁美術館に行ってき..
at 2017-12-12 15:50
名古屋YWCAアートな美
at 2017-11-17 10:37
○○カフェを始めました
at 2017-10-17 14:56

以前の記事

2019年 04月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

フォロー中のブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:ボランティア事業部( 19 )

○○カフェを始めました

a0208709_14525971.jpg
a0208709_14531187.jpg

○○カフェは、手作りの季節のお菓子とお茶をいただきながら、
簡単なボランティア活動をしたり、日頃は余り出会うことのない人のお話を聞いたりする会です。

1回目の今日は、「翻訳絵本を作って送ろう」をテーマに、認定NPO法人ESAアジア教育支援の会より教材を取り寄せて、日本語の絵本にベンガル語に訳したシールを貼る活動を行いました。絵本の裏表紙に、ボランティアの名前をベンガル語で署名したシールを貼って完成です。参加者全員初めてのベンガル語体験で大いに盛り上がりました!



by nagoyaywca | 2017-10-17 14:56 | ボランティア事業部

若者でにぎわう名古屋YWCAの夏

名古屋YWCAの夏は若者の訪問や活動が多く、
きちんと「
Young Women’s Christian Association」となります(笑)

・椙山女学園高等学校1年生の2名がレポート作成のために訪問。

どんな研究にするのかのテーマ設定を共に考え、

性的少数者といわれる方々、また女性の生きにくさをテーマに決めることができました。

・名東高等学校国際英語科2年生の3名がゼミ活動で訪問。

「憲法と人権」というワークショップを行い、

自分の生活と「憲法と人権」が密接であることを学ぶ時間を持ちました。

a0208709_12523924.jpg


・金城学院中学校YWCA12名が3回に分けて、

スープキッチン(炊き出し)で調理補助や食事の配布などボランティアを行いました。

また「YWCAを知ろう」との訪問のあり、

名古屋YWCA、日本YWCA、世界YWCAの説明を総幹事が行いました。a0208709_12552042.jpg


・名古屋短期大学から、17名がゼミの一環として訪問。

1階から5階まで、名古屋YWCAのさまざまな事業や活動を見学しました。

・いりゃあせツアー(福島近隣に暮らす親子のリフレッシュプログラム)は、

多くの方に支えられた4泊5日でした。

名古屋学院大学の学生がリーダーとして17名参加。

ご家族と共に5日間をすごし、
川遊びや交流会などのプログラム進行をしました。
a0208709_12595350.jpg


名古屋学院大学コットンベイブ(サークル)の7名が、
コットン人形作りのワークショップを行い、

参加者の荷物をバスに積み込んで見送りをしました。
a0208709_12583304.jpg


熱田高等学校ボランティア部の6名が、
宿泊準備で布団類の搬入やバーベキュー準備などのボランティアを行いました。
a0208709_12593869.jpg


聖霊高等学校から2名が、オプションプログラムでこどもたちのプラネタリウム作成を手伝いました。

旭ヶ丘高等学校からは1名が、ボランティアとしてフェアウェルパーティーのための調理を行いました。

・金城学院大学から2名が8月の10日間、インターンシップ(就業体験)をしました。

さまざまな活動をしているYWCAでのインターンは事務作業ばかりでなく、

いりゃあせツアーフェアウェルパーティー準備で調理をしたり、

ガリ勉クラブで日本語を学ぶ外国籍の子どもたちの支援をしたり、

10月にあるバザーのための準備をしたりと多岐に渡ります。

このような体験が就業までの一過程として役立てば、と願います。

以上のように多くの若者が名古屋YWCAに集い、にぎわった夏でした。




by nagoyaywca | 2017-08-28 13:02 | ボランティア事業部

「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」を呼びかけます

特に平和を願う8月。

名古屋YWCAでは「ヒバクシャ国際署名を進める愛知の会」の呼びかけに賛同し、

「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」を呼びかけます。

国連に加盟する193カ国中、122カ国の賛成で核兵器禁止条約が採択されたのは7月。

日本政府は「現実の安全保障問題の解決に結びつくとは思えない」と署名しないことを表明しました。

8月6日、広島の被爆者7団体は広島市内のホテルで安倍晋三首相と面談し、

核兵器禁止条約に署名しないという日本政府の方針を
「驚くべき態度だ。怒りを込めて抗議する」と述べ、批准を求めましたが、

首相は「核軍縮の進め方をめぐっては、国際社会にさまざまな考え方がある」と答えるにとどめました。

戦争被爆国に暮らす私たちが、核兵器廃絶を求めることは意義深いことです。

名古屋YWCAでは、8月31日まで2階受付にて署名用紙に署名いただけます。

またWEB上からの署名も可能です。

2020年までに紙かWEBか、どちらか1人1回署名いただけます。

詳しいことはhttp://hibakusha-appeal.net/index.htmlをご覧ください。

どうぞ、できる形でのご協力をお願いいたします。

a0208709_17403073.jpg





by nagoyaywca | 2017-08-08 15:48 | ボランティア事業部

「名古屋いりゃあせツアー」終了しました。

福島とその周辺に暮らす子どもたちと保護者のための保養プログラム
2015夏「名古屋いりゃあせツアー」

参加のみなさんをお見送りして
無事終了しました。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

a0208709_13443240.jpg

スタッフの打ち上げ反省会。



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-08-21 13:46 | ボランティア事業部

「名古屋いりゃあせツアー」

福島とその周辺に暮らす子どもたちと保護者のための保養プログラム
2015夏「名古屋いりゃあせツアー」

写真が届きました!
みんな元気で楽しそうです。

a0208709_1057164.jpg
a0208709_1057173.jpg
a0208709_10573070.jpg
a0208709_10574365.jpg
a0208709_10575415.jpg


今日は名古屋YWCAでフェアウエルパーティーです。
a0208709_1113018.jpg

おいしいものいっぱい準備中~~~



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-08-20 11:02 | ボランティア事業部

「名古屋いりゃあせツアー」始まってます!

福島とその周辺に暮らす子どもたちと保護者のための保養プログラム
2015夏「名古屋いりゃあせツアー」

17日からスタートしました。
現地からの写真はまだ届いていませんが
みんな元気に楽しく過ごしているようです。

名古屋YWCAでは
明日の「フェアウエルパーティー」の準備が始まっています。
a0208709_1225154.jpg
a0208709_123688.jpg
a0208709_1231865.jpg




名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-08-19 12:03 | ボランティア事業部

「YWCAフェスタin沖縄」の報告3

2015年2月14日(土)~16日(月)まで沖縄で開催された
日本YWCA主催「YWCAフェスタin沖縄」の参加者からの感想です。

◇永山峰子
基調講演の平良啓子さんは、
太平洋戦争末期の学童疎開船「対馬丸」の生存者です。
多くの友を亡くした苦しみを乗り越え、平和を紡ぐ語り部として活動する
80代の女性の凛とした生き方は多くの人の感動を呼びました。
a0208709_1215525.jpg

名古屋YWCAの若者が担当した分科会「リーダーシップを考えよう」では、
年代を越えて 楽しめる手法を取り入れられており、参加者とのコミュニケーションも深まり、
和やかな空気に包まれていました。

「竹富・八重山教科書問題」のワークでは、琉球大学の山口剛史さんからレクチャーを受け、
八重山地区3市町村の社会科教科書の採択に自民党政権が政治介入して問題が発生し、
地区単位の選択が分裂したことを知りました。
また現在使用されている「つくる会」育鵬社の社会科教科書には「国民主権」は、
主権が国民一人ひとりをさすものでなく国民全体をさすと書かれている点を問題とし、
寸劇で参加者に訴えました。
私は、国の指導書通りに教えることを強要する校長役でした。

全国のYWCAやフィリピンYWCAから沖縄への思いを同じとする仲間とともに、
学び、食し、 ときには踊った3日間でしたが、
与えられた課題にどう取り組むか問われる日々でもありました。

名古屋YWCAボランティア事業部


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-03-06 12:23 | ボランティア事業部

「YWCAフェスタin沖縄」の報告2

2015年2月14日(土)~16日(月)まで沖縄で開催された
日本YWCA主催「YWCAフェスタin沖縄」の参加者からの感想です。

◇新倉春美
基調講演では、太平洋戦争中に対馬丸の事故と漂流を経験した
平良啓子さんのお話を聞きました。
「憲法と女性の人権―沖縄で憲法を考える」と題して、
私たち女性が社会の在り方を見つめなおし、
意見を発信していくことの重要性を語ってくださいました。
a0208709_1211316.jpg

分科会の時間には、名古屋YWCAの会員で「リーダーシップを考えよう!」という
分科会をファシリテートしました。
楽しいアクティビティを通して、ひとりひとりの個性が生かされる
リーダーシップの在り方を考える場を提供することができました。

フィールドワークでは、琉球大学の山口剛史先生から
八重山教科書問題についてお話を 伺った後、
首里城の下にある第32軍司令部の跡地を見に行ったり、
山口先生の解説で沖縄平和祈念資料館を見学したりしました。

3月29日(日)~31日(火)には名古屋YWCAの青少年小委員会主催でユース対象の
沖縄スタディツアーを実施します。
YWCAフェスタin沖縄で学んだことを生かしてプログラムをコーディネートしたいと思います。

名古屋YWCAボランティア事業部


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-03-06 12:11 | ボランティア事業部

「YWCAフェスタin沖縄」の報告1

2015年2月14日(土)~16日(月)まで沖縄で開催された
日本YWCA主催「YWCAフェスタin沖縄」の参加者からの感想です。

◇吉澤道子
初めて参加したYWCAフェスタ。
「沖縄で会いましょう 今の沖縄、過去の沖縄、そして今の日本に」
今回のタイトルがすべてを表すと思います。
a0208709_1213334.jpg

今、高江と辺野古で、日本政府によって暴力的に作られている米軍基地。
そこで行われている抗議活動。
それに対する警察・海上保安省の暴力的な「安全確保」。
人権が守られていない現状の沖縄で、全国YWCAの会員が集まること・
基地をその目で見ること・沖縄の空気を感じること・「大和」が「沖縄」に
押しつけ続けている負担の大きさを体感すること。
このことによって今の、これからの日本を考えることができました。

全体共有の時、フィリピンからの方が「なぜ日本政府は沖縄の民意を
無視し続ける?」と 根本的な質問をされました。
その問いは政府ばかりではなく、「大和」の私たちにも向けられています。
「国内」の沖縄で行われている暴力的なやり方に声を上げないことは、
いつか私たちの住む場でも行われることを容認することになります。
沖縄で感じたことを各地へ持ち帰り、分かち合い、「大和」でできることをし続けること。
全国に地域YがあるYWCAこそ可能なことだと思います。

辺野古・普天間をフィールドワークで訪れたグループから、
「6・23に全国で行動を起こそう!」との提案がありました。
名古屋で何ができるか一緒に考えましょう!

名古屋YWCAボランティア事業部


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-03-06 12:03 | ボランティア事業部

MO-YA-COさん、ありがとう

名古屋YWCA 2階ロビーで
毎月第2、第4金曜日にMO-YA-COさんの手作りスイーツの販売をしています。
a0208709_2375880.jpg


今週はバレンタインギフトも販売。
パッケージがカッコよく、中身のチョコも美味しかったです!
a0208709_2382659.jpg


そして
今日は、炊き出し活動をしている「スープキッチン」へ
バレンタインのプレゼントをいただきました!
このために一つ一つハートのラッピングがしてありました。
a0208709_239958.jpg

心のこもったプレゼントをおじさんたちにお渡ししました。
本当にありがとうございました。



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-02-16 23:05 | ボランティア事業部