人気ブログランキング |


名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
運営委員会
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

ブログを引っ越しました
at 2019-04-09 12:05
♪音声訳グループ12月恒例の..
at 2017-12-15 10:14
*愛知県陶磁美術館に行ってき..
at 2017-12-12 15:50
名古屋YWCAアートな美
at 2017-11-17 10:37
○○カフェを始めました
at 2017-10-17 14:56

以前の記事

2019年 04月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

フォロー中のブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:ボランティア ( 159 ) タグの人気記事

♪音声訳グループ12月恒例のクリスマスカード作り♪

2017年のクリスマスが近づいてきました。

音声訳グループでは利用者の皆さんに毎年、手作りの触って楽しむクリスマスカードを

作っています。

a0208709_10121366.jpg

今年はカードを開くとクリスマスツリーが立ちあがるデザインです。

a0208709_10120562.jpg

ツリーには小さなリボン、フェルトのオーナメント、キラキラ星やビジューを貼り付けました。

a0208709_10115594.jpg
a0208709_10114715.jpg

「メリークリスマス!」と「名古屋YWCA音声訳グループ」の点字、
貼ってあるシール「サンタクロース」

「雪だるま」などの点字も付けました。

a0208709_10113304.jpg

カードが届いて中を開くと賑やかなツリーが立ちあがり、

心がほっこり温かくなりますようにと気持ちを込めて作りました。

良いクリスマスをお過ごしください。




by nagoyaywca | 2017-12-15 10:14 | グループ活動

*愛知県陶磁美術館に行ってきました*



アートな美が主催する鑑賞会を12月7日に開催しました。

「触れてたどる焼き物の歴史」と題して、2015年から毎年初冬に陶磁美術館を訪れています。

古代から中世、近世と時を移し、今回はその第3弾で、現代の作品を鑑賞しました。

a0208709_15433730.jpg
会議室で学芸員の皆さんから作品について説明を受けながら触って鑑賞しました。

① 加藤唐九郎 伊賀織部 花入れ

a0208709_15432101.jpg

② 荒川豊蔵 瀬戸黒 茶碗(引き出し黒)

a0208709_15441101.jpg

③ 金重陶陽 備前徳利

a0208709_15434557.jpg

④ 石黒宗麿 千点文平茶碗(せんてんもんひらじゃわん)

a0208709_15435517.jpg

4点の作品を直に触って鑑賞できて、皆さん興奮気味でした。

選りすぐった貴重な作品を用意して頂き、学芸員の方々に感謝です。

a0208709_15432965.jpg

お昼は美術館内のレストラン「とうじ」で松花堂弁当を頂き、しばし休憩。

午後からは美術館敷地内にある茶室「陶翠庵」に移動し、瀬戸・常滑・美濃などの陶芸作家の

茶碗で一服を楽しみました。

a0208709_15425517.jpg

ここでも美術館副館長から茶室のお道具や茶碗について興味深いお話を伺うことができました。

a0208709_15440377.jpg

リニモ藤が丘駅に930分集合、10時半から14時半まで美術館に滞在し、再びリニモに乗って

藤が丘駅で解散となりました。





by nagoyaywca | 2017-12-12 15:50 | グループ活動

秋のバザーでのヒバクシャ国際署名

10月6日 
名古屋YWCA秋のバザーでヒバクシャ国際署名コーナーを設置し、
バザーのお客様から20筆の署名をいただきました。

日本YWCAを通してヒバクシャ国際署名連絡会へ送り、
国連に提出いたします。

ご協力をありがとうございました。





by nagoyaywca | 2017-10-17 14:26 | 名古屋YWCA

若者でにぎわう名古屋YWCAの夏

名古屋YWCAの夏は若者の訪問や活動が多く、
きちんと「
Young Women’s Christian Association」となります(笑)

・椙山女学園高等学校1年生の2名がレポート作成のために訪問。

どんな研究にするのかのテーマ設定を共に考え、

性的少数者といわれる方々、また女性の生きにくさをテーマに決めることができました。

・名東高等学校国際英語科2年生の3名がゼミ活動で訪問。

「憲法と人権」というワークショップを行い、

自分の生活と「憲法と人権」が密接であることを学ぶ時間を持ちました。

a0208709_12523924.jpg


・金城学院中学校YWCA12名が3回に分けて、

スープキッチン(炊き出し)で調理補助や食事の配布などボランティアを行いました。

また「YWCAを知ろう」との訪問のあり、

名古屋YWCA、日本YWCA、世界YWCAの説明を総幹事が行いました。a0208709_12552042.jpg


・名古屋短期大学から、17名がゼミの一環として訪問。

1階から5階まで、名古屋YWCAのさまざまな事業や活動を見学しました。

・いりゃあせツアー(福島近隣に暮らす親子のリフレッシュプログラム)は、

多くの方に支えられた4泊5日でした。

名古屋学院大学の学生がリーダーとして17名参加。

ご家族と共に5日間をすごし、
川遊びや交流会などのプログラム進行をしました。
a0208709_12595350.jpg


名古屋学院大学コットンベイブ(サークル)の7名が、
コットン人形作りのワークショップを行い、

参加者の荷物をバスに積み込んで見送りをしました。
a0208709_12583304.jpg


熱田高等学校ボランティア部の6名が、
宿泊準備で布団類の搬入やバーベキュー準備などのボランティアを行いました。
a0208709_12593869.jpg


聖霊高等学校から2名が、オプションプログラムでこどもたちのプラネタリウム作成を手伝いました。

旭ヶ丘高等学校からは1名が、ボランティアとしてフェアウェルパーティーのための調理を行いました。

・金城学院大学から2名が8月の10日間、インターンシップ(就業体験)をしました。

さまざまな活動をしているYWCAでのインターンは事務作業ばかりでなく、

いりゃあせツアーフェアウェルパーティー準備で調理をしたり、

ガリ勉クラブで日本語を学ぶ外国籍の子どもたちの支援をしたり、

10月にあるバザーのための準備をしたりと多岐に渡ります。

このような体験が就業までの一過程として役立てば、と願います。

以上のように多くの若者が名古屋YWCAに集い、にぎわった夏でした。




by nagoyaywca | 2017-08-28 13:02 | ボランティア事業部

愛知県美術館プログラム「視覚に障害のある方との鑑賞会」*アートな美

愛知県美術館プログラム「視覚に障害のある方との鑑賞会」

7月13日(木)・15日(土)の二回、開催されました。

ガイドをするのはアートな美のメンバーです。

2017年度第二期コレクション展」を鑑賞します。

13日の鑑賞会は午後13時半、15日は午前10時半から始まりました。

始めに全員集合して愛知県美術館学芸員二人からの挨拶と出席者の紹介がありました。

a0208709_12370378.jpg

a0208709_12371594.jpg



今回は彫刻作品の展示が一点しかなく、篠原猛史作「真っ直ぐな曲線」を

学芸員の説明を聞きながら触って鑑賞しました。

a0208709_12420402.jpg


彫刻作品以外はそれぞれペアになって自由に鑑賞しました。

涼やかな柳の木の陰で黒い牛がよだれを垂らして休み、その牛にもたれて

まどろんでいる少年が描かれた「柳影 りゅうえい」という屏風の前では、

ひととき外の暑さを忘れてゆったりとした気持ちになりました。

a0208709_12432923.jpg


「富嶽列松図」では富士山の形を残して空を薄墨で塗り、紙自身の色(白色)を生かして

浮かび上がった富士の姿、麓の松林が行進しているように見えるとの説明を受けて、

一番印象深かったと話す参加者の方もいらっしゃいました。

a0208709_12442122.jpg


a0208709_12445799.jpg


今回美術館に寄贈されたバルテュスの絵画が展示されており、日本の公立美術館で

唯一の所蔵となるバルテュス作品に興味が集まりました。

a0208709_12453228.jpg


「白馬の上の女性曲馬師」

13日参加者10名、15日参加者9名、アートな美 延べ23名

学芸員のお二人から作品の細かな描写の説明を受け、立体コピーで確認をしたり、

2時間弱の鑑賞時間を過ごしました。






by nagoyaywca | 2017-07-24 12:46 | グループ活動

アートな美「多治見市モザイクタイルミュージアム鑑賞会」

6月1日(木)

視覚に障がいのある方8名、アートな美のメンバー12名、総勢20名で、
昨年6月に開館した多治見市モザイクタイルミュージアムへ行ってきました。
a0208709_12095420.jpg
多治見市モザイクタイルミュージアムは、
タイル産業が盛んだった岐阜県多治見市笠原町にできた
大正、昭和のモザイクタイルコレクションを展示するものです。
建物の設計は、ユニークな建築で知られる藤森昭信氏によるもので、
一見小山のような、ジャガイモのような外観です。

この建物を障がいのある方へわかってもらおうと、
段ボールや粘土で模型を作ってみました。
障がいのある方にもミュージアムの学芸員さんにも大好評でした。
a0208709_12113775.jpg
a0208709_12114730.jpg
ミュージアムでは、始めに学芸員さんに解説をしてもらいました。
a0208709_12123615.jpg

お風呂屋の絵タイルや、流 し台、かまど、浴槽などを触り、
「懐かしい!」「昔ウチにもあった!」などとおしゃべりしながら鑑賞しました。
a0208709_12142852.jpg

a0208709_12151554.jpg
また、藤森昭信氏のアイディアで作られた「タイルのカーテン」も
ポッカリ空いた天井から降り注ぐ光に輝いて、素敵でした。
a0208709_12155242.jpg
昼食後は体験工房で、各々写真立てやフック、花台など好みの土台を選び、
色とりどりのモザイクを貼り付けてタイルアートに挑戦しました。
a0208709_12162615.jpg
それぞれ個性豊かな、素敵な作品ができあがりました。
a0208709_12174090.jpg
心配した雨も降らず、楽しい鑑賞会となりました。




by nagoyaywca | 2017-06-02 12:22 | グループ活動

アートな美2016年の締めくくり・愛知陶磁美術館鑑賞会

今年もあとわずかとなりました。

名古屋ボストン美術館、名古屋市美術館、愛知県美術館、
あいちトリエンナーレ2016、
鑑賞バスツアーで訪れた熊谷守一つけち記念館、
横井照子ひなげし美術館と今年も
いろいろな美術館・美術展に行ってきました。

今年の締めくくりの鑑賞会は愛知陶磁美術館でした。

121日 午前930

心配していた雨も降らず総勢17名(視覚に障害のある方8名・アートな美9名)で

リニモ藤が丘駅に集合して出かけました。

a0208709_14432608.jpg


今回は「触れてたどる焼き物の歴史 第2弾」で

午前中は近世(桃山から江戸時代)の食器・茶器を学芸員スタッフの説明を聞きながら

手に取って鑑賞しました。
a0208709_14452176.jpg

a0208709_14453784.jpg
a0208709_14464411.jpg

午後からは陶芸館で作陶です。

午前中の手触りで得た創作のアイデアを胸中に、皆思い思いの形を作っていきます。

およそ1時間半かけて食器、花瓶、物入れ、リースなどが形作られました。

そのあと釉薬などをそれぞれ決めて、終了しました。

a0208709_14481164.jpg

作品はこの後、乾燥して釉薬を施し焼成して完成品となるので1か月程かかります。

来年始めごろに手元に届くので、作品の仕上がり具合はまだ不明です。

どんな作品になるのか、とても楽しみです。

愛知陶磁美術館、来年は「触れてたどる焼き物の歴史 第3弾」

現代の陶器を鑑賞する予定です。





by nagoyaywca | 2016-12-19 14:49 | グループ活動

♪クリスマスカードを作りました♪ 音声訳グループ

音声訳グループは毎年12月になると手作りのクリスマスカードを作って

利用者の方にお送りしています。

今年は雪だるまです。

a0208709_18200672.jpg
中に綿を入れてふんわり膨らませた白い布、

雪だるまの形に切って、輪郭は糸でステッチを利かせ、

目と口は刺繍で、ニンジンの鼻はフェルトを貼りました。

青い帽子、赤いマフラーをつけたおしゃれな雪だるまです。

そして腕はシナモンスティックを使っています。

a0208709_18191846.jpg

「アオイ ボーシ」「アカイ マフラー」「シナモン」と点字も貼り付け、

「メリークリスマス!」も忘れずに。

a0208709_18324037.jpg

封を開けるとシナモンがほのかに香り、

カードの雪だるまのふんわりした手触りと共に楽しんで頂ければ

幸いです。

良いクリスマスを過ごして下さることを願います。

a0208709_18333292.jpg



















by nagoyaywca | 2016-12-14 18:35 | グループ活動

炊き出し活動がテレビで取り上げられました。

a0208709_09264578.jpg
1960年代中頃から総幹事を務められた
栗原佐代子さん(御年100歳)たちが始めた
名古屋のホームレス支援「炊き出し」が
東海テレビ「みんなのニュースone」で取り上げられ
10月11日に放送されました。
名古屋YWCAの名前は出ませんでしたが
今もたくさんの会員が関わっています。
a0208709_09274873.jpg






by nagoyaywca | 2016-11-01 09:29 | 名古屋YWCA

アートな美*あいちトリエンナーレ

現在、三回目になる「あいちトリエンナーレ2016」が開催中です。
今回のテーマは「虹のキャラバンサライ 創造する人間の旅」で
愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、栄会場、名古屋駅会場
さらには岡崎、豊橋で作品が展示されています。

アートな美では3年に一度のトリエンナーレを毎回、
視覚に障害のある方とともに鑑賞を続けています。
今回は昨年に引き続き、あいちトリエンナーレ実行委員会が主催する
視覚に障害のある方への鑑賞会にガイドとして協力しました。

鑑賞会は9月29日(木)13時半からと10月1日(土)10時半からの
愛知県美術館で二回開催されました。
a0208709_16552090.jpg

愛知県美術館学芸員とどの作品をどのように鑑賞するか下見と打ち合わせをして、
鑑賞会の日を迎えました。

味岡伸太郎氏の「峠へ」という作品は、愛知・長野・岐阜・三重の各県から
採取した土を綿布に土地別に塗って、広い展示室の四面の壁をすべて使って展示されています。
当日は作家味岡氏から直に説明を聞くことができ、作品に特別に触れて、
より深い鑑賞ができました。
a0208709_16561547.jpg
a0208709_16563934.jpg


ヴァルサン・クールマ・コッレリ インド生まれの作家は今回愛知県に二か月滞在して、
瀬戸と愛知県美術館で豊田の竹、恵那の土、瀬戸の粘土を用いて作品を作りました。
竹で組んだ簡易な家のような作品の内部にはこれも作品の陶のオブジェと
アフリカの壺型の打楽器が置かれ、掌でたたくと柔らかな音が出て、
その音色を楽しむことができました。
a0208709_16571824.jpg


フィリピンの作家 カワヤン・デ・ギアの作品はセルロイドのフィルムを使っています。


フィリピンのバギオでは大量に破棄されたフィルムを使って貧困層が「角笛」を作って、
クリスマスに売り、それで生計を立てているそうです。
この作品はその「角笛」をいくつも使って大きな馬を形作っています。
a0208709_16575659.jpg


クリス・ワトソンの作品は 「旅」をテーマとする今回のトリエンナーレにふさわしいイングランド北部から東へと
自然界の音を集めて旅したものです。
スコットランドのハイイロアザラシの声やモンゴルの雨音と雷鳴、
到着点の愛知県鳳来寺山のカラス、セミの声に鑑賞者はただ耳を傾けて聞き入りました。

参加者の嗅覚、触覚、聴覚を使って全身で鑑賞する姿がとても印象的でした。
a0208709_16582742.jpg


*美術館の許可を得て撮影しています。

名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2016-10-08 16:59 | グループ活動