名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
運営委員会
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

♪音声訳グループ12月恒例の..
at 2017-12-15 10:14
*愛知県陶磁美術館に行ってき..
at 2017-12-12 15:50
名古屋YWCAアートな美
at 2017-11-17 10:37
○○カフェを始めました
at 2017-10-17 14:56
秋のバザーでのヒバクシャ国際署名
at 2017-10-17 14:26

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

フォロー中のブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:美術鑑賞 ( 30 ) タグの人気記事

*愛知県陶磁美術館に行ってきました*



アートな美が主催する鑑賞会を12月7日に開催しました。

「触れてたどる焼き物の歴史」と題して、2015年から毎年初冬に陶磁美術館を訪れています。

古代から中世、近世と時を移し、今回はその第3弾で、現代の作品を鑑賞しました。

a0208709_15433730.jpg
会議室で学芸員の皆さんから作品について説明を受けながら触って鑑賞しました。

① 加藤唐九郎 伊賀織部 花入れ

a0208709_15432101.jpg

② 荒川豊蔵 瀬戸黒 茶碗(引き出し黒)

a0208709_15441101.jpg

③ 金重陶陽 備前徳利

a0208709_15434557.jpg

④ 石黒宗麿 千点文平茶碗(せんてんもんひらじゃわん)

a0208709_15435517.jpg

4点の作品を直に触って鑑賞できて、皆さん興奮気味でした。

選りすぐった貴重な作品を用意して頂き、学芸員の方々に感謝です。

a0208709_15432965.jpg

お昼は美術館内のレストラン「とうじ」で松花堂弁当を頂き、しばし休憩。

午後からは美術館敷地内にある茶室「陶翠庵」に移動し、瀬戸・常滑・美濃などの陶芸作家の

茶碗で一服を楽しみました。

a0208709_15425517.jpg

ここでも美術館副館長から茶室のお道具や茶碗について興味深いお話を伺うことができました。

a0208709_15440377.jpg

リニモ藤が丘駅に930分集合、10時半から14時半まで美術館に滞在し、再びリニモに乗って

藤が丘駅で解散となりました。





by nagoyaywca | 2017-12-12 15:50 | グループ活動

アートな美2016年の締めくくり・愛知陶磁美術館鑑賞会

今年もあとわずかとなりました。

名古屋ボストン美術館、名古屋市美術館、愛知県美術館、
あいちトリエンナーレ2016、
鑑賞バスツアーで訪れた熊谷守一つけち記念館、
横井照子ひなげし美術館と今年も
いろいろな美術館・美術展に行ってきました。

今年の締めくくりの鑑賞会は愛知陶磁美術館でした。

121日 午前930

心配していた雨も降らず総勢17名(視覚に障害のある方8名・アートな美9名)で

リニモ藤が丘駅に集合して出かけました。

a0208709_14432608.jpg


今回は「触れてたどる焼き物の歴史 第2弾」で

午前中は近世(桃山から江戸時代)の食器・茶器を学芸員スタッフの説明を聞きながら

手に取って鑑賞しました。
a0208709_14452176.jpg

a0208709_14453784.jpg
a0208709_14464411.jpg

午後からは陶芸館で作陶です。

午前中の手触りで得た創作のアイデアを胸中に、皆思い思いの形を作っていきます。

およそ1時間半かけて食器、花瓶、物入れ、リースなどが形作られました。

そのあと釉薬などをそれぞれ決めて、終了しました。

a0208709_14481164.jpg

作品はこの後、乾燥して釉薬を施し焼成して完成品となるので1か月程かかります。

来年始めごろに手元に届くので、作品の仕上がり具合はまだ不明です。

どんな作品になるのか、とても楽しみです。

愛知陶磁美術館、来年は「触れてたどる焼き物の歴史 第3弾」

現代の陶器を鑑賞する予定です。





by nagoyaywca | 2016-12-19 14:49 | グループ活動

アートな美*あいちトリエンナーレ

現在、三回目になる「あいちトリエンナーレ2016」が開催中です。
今回のテーマは「虹のキャラバンサライ 創造する人間の旅」で
愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、栄会場、名古屋駅会場
さらには岡崎、豊橋で作品が展示されています。

アートな美では3年に一度のトリエンナーレを毎回、
視覚に障害のある方とともに鑑賞を続けています。
今回は昨年に引き続き、あいちトリエンナーレ実行委員会が主催する
視覚に障害のある方への鑑賞会にガイドとして協力しました。

鑑賞会は9月29日(木)13時半からと10月1日(土)10時半からの
愛知県美術館で二回開催されました。
a0208709_16552090.jpg

愛知県美術館学芸員とどの作品をどのように鑑賞するか下見と打ち合わせをして、
鑑賞会の日を迎えました。

味岡伸太郎氏の「峠へ」という作品は、愛知・長野・岐阜・三重の各県から
採取した土を綿布に土地別に塗って、広い展示室の四面の壁をすべて使って展示されています。
当日は作家味岡氏から直に説明を聞くことができ、作品に特別に触れて、
より深い鑑賞ができました。
a0208709_16561547.jpg
a0208709_16563934.jpg


ヴァルサン・クールマ・コッレリ インド生まれの作家は今回愛知県に二か月滞在して、
瀬戸と愛知県美術館で豊田の竹、恵那の土、瀬戸の粘土を用いて作品を作りました。
竹で組んだ簡易な家のような作品の内部にはこれも作品の陶のオブジェと
アフリカの壺型の打楽器が置かれ、掌でたたくと柔らかな音が出て、
その音色を楽しむことができました。
a0208709_16571824.jpg


フィリピンの作家 カワヤン・デ・ギアの作品はセルロイドのフィルムを使っています。


フィリピンのバギオでは大量に破棄されたフィルムを使って貧困層が「角笛」を作って、
クリスマスに売り、それで生計を立てているそうです。
この作品はその「角笛」をいくつも使って大きな馬を形作っています。
a0208709_16575659.jpg


クリス・ワトソンの作品は 「旅」をテーマとする今回のトリエンナーレにふさわしいイングランド北部から東へと
自然界の音を集めて旅したものです。
スコットランドのハイイロアザラシの声やモンゴルの雨音と雷鳴、
到着点の愛知県鳳来寺山のカラス、セミの声に鑑賞者はただ耳を傾けて聞き入りました。

参加者の嗅覚、触覚、聴覚を使って全身で鑑賞する姿がとても印象的でした。
a0208709_16582742.jpg


*美術館の許可を得て撮影しています。

名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2016-10-08 16:59 | グループ活動

ルノワールの時代展鑑賞会*アートな美

名古屋ボストン美術館で開催されている
『ルノワールの時代~近代ヨーロッパの光と影』展に、
視覚に障がいのある方9名と、アートな美のメンバー9名、他に付添1名、
見学者2名の総勢21名で、行ってきました。

まず始めに、レクチャールームにて、美術館学芸員の井口さんより、
展覧会のテーマや見どころをお話していただきました。
ポイントを押さえた解説で、この後の鑑賞の際にたいへん参考になりました。
a0208709_10194595.jpg

解説の後は、絵の構図がわかる立体コピーや、ルノワールやモネのタッチを触って
比較できるように模写した絵などを触ってみました。a0208709_10201825.jpg

『ブージヴァルのダンス』に描かれているダンスをしている男女のポーズを取らせた
木製人形の模型や、女性がかぶっている当時流行した帽子のレプリカなども用意されていました。触ってポーズを確かめたり、帽子をかぶって絵の描かれた時代に思いを馳せることもできます。a0208709_1021379.jpg

その後は、展示室へ移り、ペアごとに鑑賞しました。
展覧会の目玉のルノワール『ブージヴァルのダンス』はやはり見逃せません。
a0208709_10233633.jpg(美術館提供)

他にも、素朴な田舎の暮らしを描いたミレー、競馬を楽しむ人々を描いたドガ、
霧とスモッグに煙るロンドンを描いたモネ、都市の日常を風刺画にしたドーミエなど、
その時代に生きた画家たちがとらえた都市や農村の絵が展示されていて、
多様な作品を味わうことができます。
a0208709_1025933.jpg(美術館提供)

a0208709_10252485.jpg(美術館提供)

私たちのために解説をしてくださり、様々な触れる資料を用意してくださった
学芸員さんのお蔭で、とても楽しい、充実した時間を過ごすことができました。
猛暑の一日、涼しい美術館で、ルノワールの時代の雰囲気に浸るのも悪くないですね。

【展示室内の写真は、すべて美術館が提供してくださった当日の写真です。
通常は展示室内での撮影は禁止されていますので、ご注意ください。】
by nagoyaywca | 2016-07-11 10:26 | グループ活動

今月の聖句*POP&ARTぐるーぷ

a0208709_10345169.jpg

a0208709_10352411.jpg



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2016-06-09 10:36 | グループ活動

アートな美 「守一さんの故郷を訪ねて」バスツアー

5月26日(木)
視覚に障害のある方10名とアートな美12名、サポートメンバー1名の総勢23名は
当日の天気予報の傘マークを気にしながら地下鉄東山線の本郷駅前に集合しました。
今回は中津川市付知町に昨年開館したばかりの「熊谷守一つけち記念館」を訪ね、
そのあとは恵那市にある「横井照子ひなげし美術館」を巡る旅です。

「熊谷守一つけち記念館」は付知川を見下ろす場所にありました。
油彩画100点、日本画約20点、遺品類130点を所蔵する国内の最大級を誇る美術館です。


a0208709_940553.jpg

熊谷守一生誕の地ということもあり、学芸員の説明には守一さんへの同郷の思慕が感じられ、
「守一」ではなく「守一さん」と終始呼んでいました。
a0208709_9412236.jpg

付知町で描いた初期の作品から、中期の多様な手法を試したような作品など
今まで見たことがない作品も多く展示されていました。
a0208709_9415866.jpg

特別展示「遺品」は守一さん手製の道具類、ルーペ、
絵の道具を入れて持ち歩く素晴らしく手の込んだ袋、
木製の枕(それも物入れになっていました)などが展示されていました。
何でも作ってしまう守一さんに驚きました。
又、愛用の着物や茶わん、皿など、
そして音楽に興味を持ち続けた守一さんの一面を知ることができる
バイオリンもありました。
a0208709_9425598.jpg

館内二階から付知川と山の緑も鑑賞できて、守一さんの故郷を実感できます。
a0208709_9431791.jpg

a0208709_9433427.jpg


次の「横井照子ひなげし美術館」は百年近い風雪に耐えた板倉を
移築、改修して美術館にしたものです。
小さな空間におもにエッグテンペラで描いた色の鮮やかな作品が展示されています。
a0208709_944468.jpg

画家お気に入りの真っ赤なひなげしが美術館の庭に咲いていて、作品にも描かれていました。
a0208709_9442585.jpg


心配していた雨も降らず、無事に名古屋本郷に帰ってきました。


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2016-05-31 09:45 | グループ活動

アートな美 「ピカソ展鑑賞会」

3月3日にアートな美では愛知県美術館の「ピカソ展鑑賞会」を主催しました。
ピカソ、天才の秘密と銘打った展覧会鑑賞に
視覚に障害を持つ方8名と付き添い2名が参加されました。
a0208709_17514850.jpg

a0208709_17535420.jpg

10時30分にロビーで学芸員から解説と見どころなどを聞いてから
ペアになって鑑賞が始まりました。
a0208709_1753319.jpg

「青の時代」「バラ色の時代」を経てキュビスムに至る
天才ピカソの作品が日本国内はもちろん世界各地の美術館から
集められ、展示されています。
a0208709_17521484.jpg

a0208709_1753251.jpg

愛知県美術館所蔵の「青い肩かけの女」には立体コピーが用意されて、
それを触って構図などを確かめながら鑑賞しました。


名古屋YWCA

by nagoyaywca | 2016-03-05 17:54 | グループ活動

アートな美 「視覚障がい者の方向け美術鑑賞会」

2月18日、
名古屋市美術館の「視覚障がい者の方向け美術鑑賞会」がありました。
a0208709_15253875.jpg

今回はアートな美の鑑賞会にいつも参加している方々が対象で、
「常設展」の作品を名古屋市美術館ボランティアの解説・案内付きで
鑑賞して頂きました。
a0208709_15262946.jpg
a0208709_15265436.jpg

地下鉄伏見駅にアートな美メンバー8人と参加される6人が集合して
名古屋市美術館を訪れました。

美術館のボランティアの皆さんとそれぞれグループに分かれての
鑑賞です。
a0208709_15273069.jpg
a0208709_15274787.jpg
a0208709_1528390.jpg

作品や作者についての詳しい解説を聞いて質問したり、
感想を思い思いに述べたりして楽しい鑑賞ができました。


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2016-02-19 15:28 | グループ活動

「触れてたどる焼き物の歴史」*アートな美

「触れてたどる焼き物の歴史」と題して、11月26日(木)
視覚に障害のある方8人とアートな美8人の総勢16人は
瀬戸市にある愛知陶磁美術館を訪れました。
a0208709_19152982.jpg


この地方で見つかった平安、鎌倉、室町時代の陶器を触り、
瀬戸の土と常滑の土の違いを実感したり、
学芸員の皆さんから猿投窯(さなげよう)から広がった
焼き物の歴史を学びました。
a0208709_1915548.jpg
a0208709_19161298.jpg


美術館敷地内から発掘された登り窯(古窯群)がそのまま保存されていて
そこから出土した失敗作の陶器も触らせてもらいました。
a0208709_19163416.jpg


その後実際に保存されている古窯群がある古窯館に移動し、
中に入って窯を見学しました。
自然の地形を利用した平安から鎌倉時代末期の窯跡が4つありました。
a0208709_19165431.jpg


また、復元した江戸時代の登り窯も敷地内にあり、
年に一度そこで織部を焼くイベントがあるそうです。
来年は皆さんも織部焼きを作りましょうと学芸員さんから呼びかけがあり
アートな美では少しその気になっています、

陶磁美術館学芸員の皆さんが
鑑賞会を楽しいものにしたいと協力して下さり、感謝です。

鑑賞会が終わってから美術館内にあるレストラン「とうじ」で食事をして
リニモに乗って帰りました。



名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-11-27 19:18 | グループ活動

アートな美 「視覚に障害のある方へのプログラム」

愛知県美術館主催の「視覚に障害のある方へのプログラム」が
10月29日(木)と31日(土)の2日間開催されました。
アートな美のメンバーが鑑賞のガイドをいたしました。
1日目は10人、2日目は13人の方が鑑賞しました。
a0208709_1933624.jpg

点字の解説と触って構図などが確認できる立体コピーをガイド各自が持って
館内を案内しました。
a0208709_1922650.jpg
a0208709_1924377.jpg

特別に触って鑑賞できる「ハルガ」という作品は色も多彩で、もちろん色の説明もします。
a0208709_1925951.jpg

キャンバスに鋭い切れ目を付けただけの作品には脇にレプリカが置かれ、
そのレプリカを触って作品に思いを馳せます。

他にも何点か触って鑑賞できる彫刻などの立体作品も用意されていました。
皆さん優しく触って、感触の違いなど作品から直のメッセージを掌に感じていました。
a0208709_1932398.jpg


鑑賞者とガイドとの言葉で構築する作品鑑賞はあっという間に2時間が過ぎて行きました。
a0208709_1935648.jpg
a0208709_194510.jpg

盲導犬もパートナーと一緒に館内を巡りました。

*許可を得て写真を撮っています


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2015-11-17 19:04 | グループ活動