人気ブログランキング |


名古屋YWCAの現在過去未来をお知らせします / 最上部の画像をクリックで、トップに行けます


by nagoyaywca

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
はじめに
名古屋YWCA
ボランティア事業部
キリスト教基盤部会
平和・国際部会
青少年部会
女性部会
ボランティアネットワーク部会
3・11つながるプロジェクト
グループ活動
運営委員会
語学・教育部
ウィメンズカウンセリング
日本語学校
日本語セミナー
フェアトレードなどの販売
広報部・新聞部
秋のバザー
会員から
管理人Sの独り言
その他
未分類

最新の記事

ブログを引っ越しました
at 2019-04-09 12:05
♪音声訳グループ12月恒例の..
at 2017-12-15 10:14
*愛知県陶磁美術館に行ってき..
at 2017-12-12 15:50
名古屋YWCAアートな美
at 2017-11-17 10:37
○○カフェを始めました
at 2017-10-17 14:56

以前の記事

2019年 04月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2010年 09月

フォロー中のブログ

名古屋YWCA ※語学・...
名古屋YWCA 機関紙1面

検索

タグ

ライフログ

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

タグ:青少年 ( 5 ) タグの人気記事

「実はオモシロい選挙―Okinawa style―」を開催しました!

8月9日に「実はおもしろい選挙―Okinawa Style―」と題して学習会を開催しました。
私たちはこれまで、沖縄の基地問題や沖縄戦の歴史に関心を持ち、「沖縄スタディツアー」を開催してきました。
(昨年度のツアーの様子などは、こちらのページから見られます。https://www.facebook.com/youth.okinawa.peace?fref=ts

座間宮さんチラシ

(座間宮さんのプロフィールはこちら。http://seijijousei.blogspot.jp/p/blog-page_5.html

当日は20名ほどの参加があり、中学生・高校生も足を運んでくれました。
選挙権年齢が
18歳に引き下げられたことで、関心を持ち始めたそうです。
座間宮さんは「選挙に行くのも行かないのも自由。誰に入れてもその人にとっては正解。」
「ドイツでは中学生でも選挙について語り合っている」など、対話によって自分の意見を形成し、
投票を決めることが重要だと話していました。

20170809_170810_0004

話は沖縄へ。座間宮さんは、沖縄県知事選の得票数などのデータを示しながら、
米軍基地反対を訴える「オール沖縄」という組織の支援により、
2014年に基地反対派の翁長知事が当選したことを説明されました。
この「オール沖縄」をはじめ、これまで沖縄県知事選では、
米軍基地に反対する人たちを結集させ、一人の候補者に絞る、ということが行われてきました。

これまで私は、基地反対の人たちをひとつにまとめて、容認派に対抗できるなんて沖縄の選挙はすごい、と思っていました。
「本土」で野党がひとつにまとまっていかないことに、なんでこんなにうまくいかないんだろうと空しく感じていたからです。
しかし座間宮さんによれば、沖縄では基地反対
VS経済振興という争点で長く選挙が行われてきたために、
それ以外の争点を掲げた選挙ができていないという問題もあります。
例えば、基地反対も大事だけれど、女性の権利の向上も訴えたいという候補者がいても、
基地反対派の候補を一人に絞るために、選挙に出ないことを求められる場合も考えられます。


ずっと同じ争点で選挙が行われてきても、沖縄の基地問題は解決していません。
座間宮さんは「反対派に投票したけど結局何も変わらない」と考え、
投票しなくなる人もいるのではないかと指摘しました。
そのように沖縄の人に「あきらめ」を抱かせてしまっている原因のひとつは、
「本土」の側の無関心にあるのではないかと思いました。
座間宮さんのお話を聞き、沖縄の現状に対して私たちは何ができるか、改めて考えるきっかけになりました。

今年度の沖縄スタディツアーは2018330日~41日に開催します。
ツアーの内容はこれから自分たちで話し合い、決めていきます。
今後もご支援のほど、よろしくお願いします。
ツアーに興味を持ったユースは、ぜひ一緒に行きましょう。まずはご連絡ください。

連絡先:名古屋YWCA青少年部会沖縄平和プロジェクト 

yyy@nagoya-ywca.or.jp(担当:吉澤)

文責:青少年部会 柘植みのり




by nagoyaywca | 2017-09-12 16:56 | 青少年部会

若者でにぎわう名古屋YWCAの夏

名古屋YWCAの夏は若者の訪問や活動が多く、
きちんと「
Young Women’s Christian Association」となります(笑)

・椙山女学園高等学校1年生の2名がレポート作成のために訪問。

どんな研究にするのかのテーマ設定を共に考え、

性的少数者といわれる方々、また女性の生きにくさをテーマに決めることができました。

・名東高等学校国際英語科2年生の3名がゼミ活動で訪問。

「憲法と人権」というワークショップを行い、

自分の生活と「憲法と人権」が密接であることを学ぶ時間を持ちました。

a0208709_12523924.jpg


・金城学院中学校YWCA12名が3回に分けて、

スープキッチン(炊き出し)で調理補助や食事の配布などボランティアを行いました。

また「YWCAを知ろう」との訪問のあり、

名古屋YWCA、日本YWCA、世界YWCAの説明を総幹事が行いました。a0208709_12552042.jpg


・名古屋短期大学から、17名がゼミの一環として訪問。

1階から5階まで、名古屋YWCAのさまざまな事業や活動を見学しました。

・いりゃあせツアー(福島近隣に暮らす親子のリフレッシュプログラム)は、

多くの方に支えられた4泊5日でした。

名古屋学院大学の学生がリーダーとして17名参加。

ご家族と共に5日間をすごし、
川遊びや交流会などのプログラム進行をしました。
a0208709_12595350.jpg


名古屋学院大学コットンベイブ(サークル)の7名が、
コットン人形作りのワークショップを行い、

参加者の荷物をバスに積み込んで見送りをしました。
a0208709_12583304.jpg


熱田高等学校ボランティア部の6名が、
宿泊準備で布団類の搬入やバーベキュー準備などのボランティアを行いました。
a0208709_12593869.jpg


聖霊高等学校から2名が、オプションプログラムでこどもたちのプラネタリウム作成を手伝いました。

旭ヶ丘高等学校からは1名が、ボランティアとしてフェアウェルパーティーのための調理を行いました。

・金城学院大学から2名が8月の10日間、インターンシップ(就業体験)をしました。

さまざまな活動をしているYWCAでのインターンは事務作業ばかりでなく、

いりゃあせツアーフェアウェルパーティー準備で調理をしたり、

ガリ勉クラブで日本語を学ぶ外国籍の子どもたちの支援をしたり、

10月にあるバザーのための準備をしたりと多岐に渡ります。

このような体験が就業までの一過程として役立てば、と願います。

以上のように多くの若者が名古屋YWCAに集い、にぎわった夏でした。




by nagoyaywca | 2017-08-28 13:02 | ボランティア事業部

沖縄スタディツアー開催にご協力をお願いいたします

青少年部会では、沖縄のさまざまな問題について、
若者たちと共に考え、行動していくにあたって、
大切にしているのは現場を見ることや事実を知ることととらえています。
a0208709_145371.jpg

2016年度も若者たちのリーダーシップを育て、共に平和を創っていくために、
ユースによる「沖縄スタディツアー」予定しています。
a0208709_1453030.jpg

参加予定のメンバーが想いを寄せてくれました。

こんにちは。 みなさんは沖縄について、どんなイメージを持ち、どんなことを知っていますか?
ぼくは今回、沖縄スタディツアーに行くことになり、様々な思いが浮かびました。
初めて沖縄を訪れたのは、高校3年生の修学旅行でした。

「修学旅行」というだけあり、1日目は沖縄に残る戦争の歴史について学びました。
平和祈念公園やひめゆりの塔、
「ガマ」と呼ばれる自然にできた鍾乳洞で戦時中は防空壕として利用されていた場所にも行き、
実際に戦争を体験された方の貴重なお話も聞くことができました。
団体行動が苦手なこともあり、沖縄の魅力やイメージもあまり沸かないまま訪れた
初めての沖縄は、1日目にして「戦争の"爪痕"が生々しく残る怖い場所」という印象を受けました。

一緒に行った同級生たちが、どこへ行ってもなにを聞いてもピンと来ていない中、
在日朝鮮人として生まれ育ったぼくにはとても敏感に、強烈に、「戦争の恐怖」を感じていました。
2日目からは、海で遊んだり、国際通りでお買い物をしたりと楽しみ、
頭のどこかにあった「自然がきれいで人気の観光地、沖縄」がそのまま目の前にありました。
それから沖縄への関心も持たず過ごす中で、ぼくは在日朝鮮人として生きるため
在日朝鮮人運動に励む日々を送りました。

活動をする中で生まれた信念は
「在日朝鮮人として堂々と生きる、それだけに限らずあらゆる差別や抑圧に抵抗し、
すべての人が生きやすい社会にしていこう」というものでした
(言葉にすると陳腐だし、理想論な感じもしますね・・・)。

そして3年前、沖縄の基地問題について関心を持ち、再び沖縄を訪れました。
映画「標的の村」を観て高江に行くと、映画のような激しい現場はもうなく、
数人の現地の方々に迎えられました。
米軍基地への入り口には白線が引いてあり、
「あっちはもうアメリカ、こっちはうちら、越えてはいけない境界線」という言葉が印象的でした。白線を見つめ、ただ呆然と立ち尽くすことしかできなかったぼくらに、
「来てくれてありがとう」と言われました。
「標的の村」を観て、自分の無力さ、無知さに溢れた涙がまた溢れそうに胸が苦しくなりました。
「戦後0年」と言われる沖縄で暮らす人々、見せかけの「平和」の中で暮らす本土の人々、
自分にいったいなにができるのだろう、と何度も考えていたとき、
今回の沖縄スタディツアーへお誘いをいただきました。

ぼくたちにできること、それは関心を持ち続けること、
時には現地を訪れ、実際に目で見て感じ、考えること、
そしてそれを周囲に伝えることが、ぼくたちにできる闘いだと思います。

今回のスタディツアーでも、沖縄の現状を目に焼き付け、学び、
みなさんにもご報告したいと思います。
ご支援、応援を、ぜひともよろしくお願いします。


2016年度は9/17(土)~9/19(月祝)の3日間を予定しています。
このスタディツアーを成功させるために、皆さんからのご寄付をお願いいたします。
目標額:20万円

ご支援いただける方は、以下の方法でお願いいたします。

○郵便振替
郵便局備え付けの払込用紙をご利用ください。(振り込み手数料は寄付者負担でお願いします)
口座番号:00820-0-47814
加入者名:公益財団法人名古屋YWCA
※通信欄に「青少年部会 沖縄スタディツアーへ寄付」と寄付先をご記入ください。
機関紙などにお名前を公表します。匿名を希望される方は「匿名」とお書き添えください。

○クレジットカード決済
 名古屋YWCAのホームページから寄付のページにおすすみいただくか
 直接クレジットカード決済のページから手続きをお願いします。
 *金額の用途「その他」を選び、「沖縄スタディツアー」と書いてください。

○ご支援いただいた方には「沖縄スタディツアー2016 報告書」を差し上げます。

皆さんのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。



名古屋YWCA

by nagoyaywca | 2016-05-31 14:08 | 青少年部会

名古屋わかもの会議で「名古屋YWCA賞」授与

猛暑が続く8月17日
「第2回名古屋わかもの会議」が市政資料館で行われました。
a0208709_10335760.jpg

当日は
最年少の中学生から、そして北は北海道から南は沖縄まで
70名ほどの「わかもの」が参加されました。

名古屋YWCA青少年小委員会は、
オブザーバー参加をしてきました。

今回の会議では、
「防災」をテーマに、
・教育
・まちづくり
・観光
・仕事
・コミュニティ
の分野に分け、
午前中は
名古屋市港防災センターや名古屋都市センターなどで
フィールドワークを行ないました。
午後は
各分野ごとのグループで、
「今を考え」「これからの可能性を考え」
マニフェストを発表していきました。

今回は、優れたマニフェストを発表したグループを
評価し、表彰するということで、
「名古屋YWCA賞」を授与しました。
a0208709_1035095.jpg

女性達が、連携を取って、すばらしいチームワークで
発表してくれたグループを表彰しました。
副賞は、青少年小委員会が企画している
「沖縄平和プロジェクト」のインターンorメンバーになる権利です。

これを機会に、YWCAを若い人たちにも
どんどん発信して行けたらと思います。
a0208709_10355541.jpg




名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2014-08-26 10:37 | 名古屋YWCA

「沖縄を知る・食べる」

2月15日(土)夜
青少年小委員会主催の沖縄を考えるワークショップ「沖縄を知る・食べる」を行いました。
a0208709_13583658.jpg

平良一器さんをゲストに迎え、沖縄のお話を聞きました。
平良さんは米軍の基地がある街で子ども時代を過ごし、
基地があることが当たり前の子ども時代を過ごされました。
印象的だったのは「子どもの頃、基地のすぐ近くで凧あげをしていたら
米軍兵に銃を突き付けられた。
でも、当時は怖いとは思ったが、それを問題だとは思っていなかった。」というお話です。
a0208709_1431825.jpg
基地のある生活が沖縄の人たちにとってあたりまえになっている現実を改めて認識しました。
このことを沖縄の問題だといって片付けるのではなく、日本の安全保障のためという名目で
沖縄に大きな負担を強いているということを私たちも再認識する必要があると思いました。
また、米軍の兵士によるレイプ事件に関連して、
「軍隊では人を殺せる人材を育てる。レイプするという残虐性は、
軍隊の中では一定の評価をされる。」というお話もありました。
平和な社会を構築していくためには、
軍隊というシステムそのものがそぐわないということがよくわかりました。

平良さんには三線の演奏もしていただき、
『てぃんさぐぬ花』や『安里屋ユンタ』などの沖縄民謡を楽しみました。
また、みんなで沖縄料理のご飯を食べながら交流をし、楽しい時を過ごしました。


名古屋YWCA
by nagoyaywca | 2014-02-21 14:05 | 青少年部会